連勝再出発のバイエルン、ドイツ紙が掲げた「3冠」の条件とは?

カテゴリ:メガクラブ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2017年10月21日

CL優勝にはさらなる成長が不可欠。

フンメルスがCKからヘッドで一撃! バイエルンがセルチックを力でねじ伏せた。(C)Getty Images

画像を見る

[CL 3節]バイエル 3-0 セルチック/10月18日/アリアンツ・アレーナ

 バイエルン・ミュンヘンはユップ・ハインケス監督の就任後、国内リーグ(フライブルク戦5-0)、チャンピオンズ・リーグ(セルチック戦3-0)と連勝を収め、上々の再スタートを切った。
 
 若干気が早そうだが、ドイツ大衆紙『ビルド』は10月20日の紙面で、『ユップならば、再び3冠達成できる?』と大きな見出しで報じた。前政権時代の2012-13年に国内リーグ、DFBカップ、そしてチャンピオンズ・リーグと主要3冠を達成。その再現をさっそく期待している。
 
 来週水曜日にはDFBカップ2回戦で、ライプツィヒとのアウェー戦が控えている。「ここでライバルを葬り去れば、優勝間違いなし!」というのだ。また、リーグ戦では11月4日のアウェーでのドルトムント戦が、今年の最大の山場だと伝えている。
 
 チャンピオンズ・リーグに関しては、「パリSG、バルセロナ、マンチェスター・シティは3試合で勝点9を獲得し、レアル・マドリーもやはり強力。もちろんそのあたりはハインケスも理解していて、『私たちは本気で、さらにチームを良くしていかなければならない。様々な特長を持ったチームがヨーロッパにあり、私たちもそのようになれるはずだ』と語っている」。
 
 同紙は「国内の2つのタイトルの有力候補のひとつであるのは確か。チャンピオンズ・リーグは、厳しい争いのなかで強くなる」ことを条件に挙げる。改善の余地があることをむしろプラスに受け止め、チームとしての成長することで、3冠も狙えると論じている。
【関連記事】
【CL】マンUら3チームが全勝で新体制バイエルンも快勝! A・マドリーはいまだ勝星なし…
ハメスが冬にバイエルン退団か? セリエAとMLSが新天地候補に!
ハインケス復帰初陣でバイエルンが5発快勝! フライブルクを寄せ付けず
「疾風のごときドリブル」「鮮烈ボレーが惜しくも…」出色の宇佐美貴史を独メディアが好評価
CL初勝利! 民泊で“嫌われ者”RBライプツィヒのリアルな地元評を聞いてみた

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ