VARでのPK取り消しにケルンSDは「なぜ我々にばかり…」、相手DFからは「気の毒」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年10月14日

「決定には説明責任がついて回る」とレジェンド

前節にも判定の撤回は起こったが、結果に直結することだけに、早期の改善が求められる。写真はギラシー。 (C) Getty Images

画像を見る

 10月13日(現地時間)に行なわれたブンデスリーガ第8節で、ケルンはアディショナルタイムにシュツットガルトの勝ち越しゴールを許し、今シーズン、リーガでの7敗目を喫した。

 またしても泥沼から抜け出すことができなかったケルンにとって、受け入れられないのはチャトラク・アコロに決められた決勝ゴールではなく、その直前の「失われたPK」だろう。
 
 77分にドミニク・ハインツの見事なミドルで1-1と追い付いていたケルンは、88分にセル・ギラシーがペナルティーエリアでパスを受けた際、背後から足をすくわれて倒される。すると、ベンヤミン・コルトゥス主審は笛を吹きながらペナルティースポットを指さした。
 
 直後にVARが採用されたが、PK判定の際には確認のためにビデオ判定が行なわれるのは珍しいことではない。しかし、主審はさらに自ら映像をチェックした上で、自身の判定を撤回。ノーファウルとして試合を続行させたのだった。
 
 今シーズン初の勝利のチャンスは失われ、さらにその直後の失点で勝点1すら失ったケルン。彼らがここまで、VARの恩恵を受けられていないことは有名だが、チームの名物SDであるイェルク・シュマトケは試合後、不満のコメントを残している。(『ビルト』紙より)
 
「選手同士の接触(ファウル)があり、審判はPKの判定を下した。これは間違いではなかったはずだ。なぜ、ケルンにばかりこういうことが起きるのか。これについては、しっかり説明がなされなければならない」
 
 一方、『Eurosport』の解説者であるドイツ・サッカーのレジェンド、マティアス・ザマーは、「(ビデオ判定について)100パーセントは存在しない。しかし、誰かが決定を下さなければならない。そして、それについての説明責任もついて回る」と見解を述べた。
 
 また『ビルト』紙は、勝利を飾ったシュツットガルトのリーダー、ホルガー・バドシュトゥバーのコメントも紹介している。
 
「オープンな試合であり、我々に幸運が味方した。ビデオ判定は残酷であり、これによって勝利と敗北が分けられた。ケルンには本当に気の毒だったが……。このような結末で、我々は勝点3を得た。言えるのは、これもサッカーだということ」
 
 誰もが判定に納得できるよう取り入れたシステムだが、これを採用するか否かの判断、そして映像が映し出した真実をどう捉えるかは、結局のところ人間に委ねられており、そこに公平・不公平が生じ、新たな議論を巻き起こすようになっている。
 
 ケルンを天国から地獄に突き落とした今回の一件は、新システムの問題を改めて浮き彫りにしたのだった。
【関連記事】
前半に逸機の大迫は存在感薄く…ケルン、終了間際の「天国から地獄」で今季リーガ7敗目
プレミアリーグで一番「お金持ち」のオーナーは?
「ビダルは酒浸り」「パーティーのことしか頭にない奴も」元指揮官が明かすチリ代表の衝撃実態
44歳のロベカルに初孫が誕生! なんと3か月前に産まれた第9子と同級生に!
「エジルとサンチェスを冬に売るのか?」ヴェンゲル監督の答えは…
「ベッカムだって国中から人殺しのように…」名将ヴェンゲルから失意のサンチェスへ金言
「30万ユーロというバカげた移籍金でやって来た」エイバル乾貴士を全国紙が特集!
大迫勇也にケルン地元紙が特大の期待!「もはや攻撃陣を救えるのは彼しかいない」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月7日発売
    最新スカッドを更新!
    2018-19シーズン
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ