原口元気がオーストラリアの“変化”を警戒「前に戦った時よりもチーム力は上がっている」

カテゴリ:日本代表

橋本啓(サッカーダイジェスト)

2017年08月28日

「(4バックで戦っていた時とは)だいぶ違いますね」

オーストラリアとのアウェー戦で先制点を叩き込んだ原口は、リターンマッチを前にライバルの印象について言及した。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 昨年10月に行なわれたオーストラリアとのアウェー戦で1ゴールを決めた原口元気が、ライバルの印象について言及した。

 敵地での一戦では開始早々の5分、左足で先制ゴールを奪取。しかしその後、自らのファウルでPKを与えてしまい、試合は1-1で終了した。

 当時のオーストラリアは4-4-2のダイヤモンド型のシステムを採用していたが、ポステコグルー監督率いるチームは、その後3-4-3を導入。この新システムに磨きをかけ、日本戦でも3バックで挑むと見込まれる。

 強豪のドイツやチリを相手に善戦したコンフェデ杯での戦いぶりを映像で確認したという原口は、「前に戦った時よりもチームとしての力は上がっている。よりアグレッシブになっている」印象を受けたという。

 続けて、3バックへ変更した点を踏まえ、「(4バックで戦っていた時とは)だいぶ違いますね。まあでも、観ていていろいろ思うところもある。そう簡単じゃない相手ですけどね」と見解を明かした。

 とはいえ、当然ながら弱気になるつもりはない。所属するヘルタ・ベルリンでは開幕から2試合連続で途中出場という状況もあり「(試合に)飢えている状態」。プレッシャーを力に変えて、日本の勝利に貢献するつもりだ。

取材・文:橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ