ドルトムントに善戦も… 浦和指揮官は日頃のメディア評価に不満爆発?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年07月15日

「我々のサッカーは世界的にも通用する」

メディアの結果重視の姿勢に不満をぶつけたペトロヴィッチ監督。「日本で仕事をするのは長くないかもしれない」とも語った。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[Jリーグワールドチャレンジ]浦和2-3ドルトムント/7月15日/埼玉

 終盤にドイツ代表のアンドレ・シュールレの決勝点で振り切られた浦和だが、ブンデスリーガ優勝8回の強豪を相手に、終盤まで競り合う善戦を見せた。

【浦和2ー3ドルトムント PHOTO】浦和、先制するもドルトムントに逆転負け!

 試合後に会見に応じた浦和のペトロヴィッチ監督は、「今日は残念ながら敗れたが、決して悪いゲームではなかった。うちは負けるといつも批判されるが、今日はそんなゲームではなかった。両チームとも素晴らしいゲームをし、スペクタクルな内容だった」と感想を述べ、敗れはしたものの内容に対しては満足感を示した。

 しかし、日頃、日本メディアからの評価を不当に感じているのか、ペトロヴィッチ監督は次第に自身の想いをぶちまけていく。
「我々レッズは、守備的なJ1で戦うよりも、お互いの強さを競い合うブンデスリーガの方が、良い戦いができるだろう。日本で12シーズン目だが、私のサッカーを見て、その方向性の指導をされている方も増えてきたと思う。しかし、多くのメディアは我々のサッカーを評価してくれていないと思う。
 今日、ドルトムントと良い戦いができたように、我々のサッカーは世界的にも通用する。でも、日本は結果ばかりを重視する。Jリーグで毎回10人が引く相手と戦うのは簡単ではない。我々のサッカーは世界的に見ても稀だと思っているが、日本のメディアにはなかなか評価してもらえない。私が考えを変えられなかったとも言える。だから私が日本で仕事をするのは長くないかもしれない」

 やや感情的になったペトロヴィッチ監督の口からは、過激な発言も飛び出した。普段から「内容を見てほしい」と説く指揮官だけに、強豪相手の善戦、好内容の試合によって、その想いが爆発した格好となった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月15日発売
    川崎フロンターレ
    J1連覇記念増刊号
    栄光の軌跡をプレイバック
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月13日号
    11月22日発売
    2018年シーズン J1全18クラブ
    「補強予測」
    今季の戦いぶりから占う
    ベスト&ワーストシナリオ
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月6日発売
    取材記者が注目17人を斬る!
    2019年移籍マーケットの
    メインキャスト身辺調査
    豪華壁掛けカレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24