ハメスのバイエルン移籍が電撃決定!「アンチェロッティの強い要望だった」とCEO

カテゴリ:移籍情報

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年07月11日

様々なクラブとのコンタクトが噂されたが…。

バイエルン移籍が決まったハメス。恩師率いるドイツ王者で復活なるか。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間7月11日、バイエルンはコロンビア代表MFのハメス・ロドリゲスをレアル・マドリーから買い取りプション付きの2年レンタルで獲得することで合意したと発表した。メディカルチェック後に正式契約を結ぶという。
 
 現在25歳のハメスは、得点王に輝いたブラジル・ワールドカップ後にレアル・マドリーへ移籍。1年目は主力として活躍したが、ここ2シーズンはベンチを温める機会が増え、今夏の移籍が囁かれていた。
 
 数か月前からマンチェスター・U、チェルシー、パリSG、ミラン、ユベントス、インテルなど様々なクラブとの交渉が噂される中、左利きのファンタジスタを射止めたのはドイツ王者だった。このディールはハメスにとってはマドリー1年目時代の指揮官で、昨夏からバイエルンを率いるカルロ・アンチェロッティの強い希望だったという。カール=ハインツ・ルムメニゲCEOは公式サイトでこうコメントしている。
 
「我々はこの移籍を実現できたことを非常に嬉しく思う。ハメスの獲得はマドリーでともに働いていたアンチェロッティの強い願いだった。万能のアタッカーであるハメスは、バイエルンのクオリティーをまたひとつ上げてくれるだろう」
 
 ハメスは7月16日のアジアツアーからチームに合流する予定だという。
【関連記事】
「歩くのも難しい…」バティストゥータが悲しみの告白
超セクシーな彼女、「ミラン」なのにインテル移籍…シュクリニアルが話題!
ピケがKAMO原宿店に登場! 100人以上のファンに笑顔で対応
長友佑都が放出リストから外れる? 新監督の評価良好でインテル残留も!
「日本のポルノ女優に騙された」バルサ行き噂のパウリーニョ、宿敵マドリー寄りの新聞に騒動を蒸し返される…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ