柴崎岳は及第点の採点「6」。地元メディアが「ガクだからこそ生まれたゴールだ」と評価

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年06月25日

現行契約は今月末で切れる。柴崎の去就は──。

後半開始から間もなく、交代を命じられた柴崎。コンディションはさほど悪くなさそうだったが……。(C)Getty Images

画像を見る

 リーガ・エスパニョーラ2部の昇格プレーオフ決勝は、ヘタフェに軍配が上がった。

 柴崎岳を擁するテネリフェは第2レグで守備が崩壊。1-3と敗れ、2戦合計2-3で昇格の夢を絶たれた。柴崎は1アシストをマークして3戦連続でゴールに絡んだものの、チームを7年ぶりのプリメーラ(1部)に導くことはできなかった。
 
 テネリフェの地元紙『eldorsal』は、出場選手の採点&寸評を公開。手痛い敗北を喫した割には採点は高めで、やはりそこは地元メディアだけに、ここまでの快進撃を称えての温情評価なのだろう。「5」と「6」が大半を占め、柴崎には「6」が付いた。
 
 以下が柴崎に対するインプレッションだ。
 
「GOOD。局面局面では上手く対応していたが、なかなかヘタフェの堅牢を崩せなかった。とはいえゴールシーンでは異彩を放つ。“ニッポン”の素晴らしい身のこなしからのパスがなければ、ロサーノのゴールは生まれなかったはずだ」
 
 柴崎とテネリフェの契約は6月30日まで。昇格が決まれば自動延長されるとの報道があったが、チームは悲願は達成できなかった。現時点で“GAKU”の去就は定まっていない。
【関連記事】
「なぜガクを下げたんだ!」柴崎岳を交代させた指揮官に批判的な意見が相次ぐ
柴崎岳の争奪戦がはじまる!? 最新の推定市場価格はおよそ「2億4000万円」
テネリフェ指揮官は怒り心頭で、サポーターは椅子をピッチに投げ込み…
柴崎岳のアシストも実らず…テネリフェは大量失点で8シーズンぶりの1部昇格を逃す
テネリフェに行ってみて分かった、柴崎岳のリアルな現地評「彼は最重要人物かもしれない」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ