本田が17試合ぶり出場で存在感! モンテッラ監督も「自分自身を証明」と高評価

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年04月24日

最大のハイライトはパシャリッチへのスルーパス。

久々の出番を得た本田(右)。モンテッラ監督(左)の評価も高かった。写真:Alberto LINGRIA

画像を見る

 ミランの本田圭佑が、現地時間4月23日のエンポリ戦(セリエA33節)で87分から途中出場。セリエAでは昨年12月12日のローマ戦以来、公式戦では1月25日のユベントス戦(コッパ・イタリア)以来の出番となった。
 
 1点ビハインドのため実質3-2-1-4のような布陣にシフトしていたミランにあって、本田は交代したスソが担っていたトップ下へ入った。
 
 すると92分、積極的なプレスから敵陣ペナルティーエリア手前でボール奪取に成功し、キープの後にマリオ・パシャリッチにスルーパス。惜しくもシュートはブロックされたが、好機を演出した。さらに94分には右サイドでタメを作ってカウンターの起点に。しかし、こちらもゴールには繋がらなかった。
 
 結局、ミランはこのまま1-2で敗戦。とはいえ本田は、セリエAで17試合ぶりの出場にしてはまずまずの存在感を見せた。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督も試合後、『ミランTV』で次のようにコメントしている。
 
「ケイスケは素晴らしいプロフェッショナルだ。最後はスソが疲れていて、そのポジション(トップ下)で本田は危険な存在になってくれると思った。ボールを奪ってパシャリッチのチャンスを作った。数分でも自分自身を証明してくれた」
 
 今シーズンは完全にベンチ要員に甘んじ、契約満了を迎える今夏の退団が決定的と見られる本田。このエンポリ戦でも先にカルロス・バッカやルーカス・オカンポスが投入されるなど、相変わらず攻撃陣の序列で最下層という立ち位置だが、この日の好パフォーマンスで残り5試合でもチャンスを得られる可能性は僅かながら高まったと言っていいだろう。

【ハイライト動画】本田が公式戦3か月ぶりにピッチに!終盤に途中出場も、チームは格下相手に黒星|ミラン 1-2 エンポリ
【関連記事】
【ミラン番記者】本田圭佑と長友佑都は揃って今夏に新天地へ…
日本サッカーを彩る「美女サポーター」たちを一挙に紹介!
日本のセクシー女優と共演のセレソンMFが中国追放危機…バイエルン移籍の噂も
【クラシコ採点&寸評】圧巻2得点のメッシがMOM! 一方でC・ロナウドやベイルは…
元オランダ代表MFの美人元妻が「ストリップ」か!? 条件は…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ