「どん底」インテル、監督交代は確実? 主将イカルディも「代償を払うのは…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年04月23日

後半に続けざまに4失点して乱打戦を落とす。

フィオレンティーナに敗れたインテル。主将イカルディ(右)もガックリと肩を落とした。(C)Getty Images

画像を見る

長友は前節のミラノ・ダービーに続くスタメン。しかし、チームは5失点で敗れた。(C)Getty Images

画像を見る

 欧州への切符を争う直接のライバルを相手に7-1と大勝し、大きな賛辞を浴びていたのが遠い昔のようだ。インテルは現地時間4月22日のフィオレンティーナ戦(セリエA33節)に4-5で敗れ、4~6位に与えられるヨーロッパリーグ(EL)出場権を逃す危機にある。
 
 アディショナルタイムの失点で追いつかれ、ミランと2-2で引き分けた前節ミラノ・ダービーでの嫌な空気を払拭したかったインテル。長友佑都も左SBで先発したこのフィオレンティーナ戦は、前半に先制を許しながらも逆転し、後半もPKを献上したものの守護神サミール・ハンダノビッチのセーブでピンチを凌いだ。
 
 だが、63分に同点弾を許すと、ここから16分間でさらに3失点。終盤に主将マウロ・イカルディが意地の2発でハットトリックを達成し、1点差まで強めたものの、ここ4試合で3度目となる黒星を喫した。
 
 3月12日のアタランタ戦(28節)で7得点を奪って大勝し、チャンピオンズ・リーグ出場圏(3位以内)浮上への期待も高まっていたインテルだが、以降の5試合は白星なし(2分け3敗)。6位ミランが23日のエンポリ戦に勝てば、7位インテルはEL出場ラインに残り5試合で5ポイント差と非常に厳しい状況となる。
 
 転落を止められないチームに、幹部たちも頭を悩ませているのだろう。イタリア『メディアセット』によると、ハビエル・サネッティ副会長やピエロ・アウジリオSD、オーナーの息子スティーブン・チャンら首脳陣は、試合後にステーファノ・ピオーリ監督とロッカールームで1時間に渡って緊急ミーティングをしたという。
 
 そのピオーリ監督は「後半にああなった理由を分析して理解しなければいけなかった。後半のインテルは私のチームではなかったよ。あの停滞は説明できない」と落胆を露わにした。
 
「インテルにしてはあまりに酷い出来だ。良いことも悪いことも責任は私にある。最後まで全力を尽くすよ。サンプドリア戦(30節)の黒星で少し気落ちしてしまったが、それはこんなパフォーマンスの言い訳にならない。今日の我々はどん底まで達した」
 
 EL本戦出場権が続投条件とも言われていたピオーリ監督だけに、フィオレンティーナ戦の黒星を受けて、イタリア・メディアでは今夏の指揮官交代が確実との論調が強まっている。
 
 ハットトリックを達成しながら失望することになったイカルディは、『スカイ・スポーツ』でピオーリ監督の功績を強調しつつ、こう漏らした。
 
「物事がうまくいかないとき、代償を払うのは常に監督なんだ……」

【ハイライト動画】長友が先発のインテル、計9ゴールが生まれた乱打戦の末に敗戦|フィオレンティーナ 5-4 インテル
 
【関連記事】
イブラ離脱のマンU、トリノのベロッティにラブコール?
【ミラン番記者】本田圭佑と長友佑都は揃って今夏に新天地へ…
【クラシコ・プレビュー】明らかな選手層の差…ポジティブな流れのマドリーと“息切れ”のバルサ
枠内シュートがゼロで2得点! イングランド2部で起きた珍事とは?
日本サッカーを彩る「美女サポーター」たちを一挙に紹介!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ