【ルヴァンカップ】2連勝の札幌がAグループ首位浮上! 大宮は今季初の勝点!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年04月12日

U-21枠の進藤のゴールで札幌が敵地で清水を下す。

公式戦で2シーズンぶりの得点を奪った進藤。終盤に生まれた貴重な決勝点に。(C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 ルヴァンカップは4月12日、各地で2節の6試合を開催。Aグループでは、札幌が2連勝で首位に躍り出た。

 敵地での清水戦に臨んだ札幌は、終盤の81分にDF進藤亮佑のゴールで先制。この1点を守り切った札幌が2連勝を飾った。進藤は現在20歳で、今年からリーグカップに新設されたU-21枠(先発11人の中に必ず21歳以下の選手を1名以上含めなければいけない)に該当する選手。札幌が若手の躍動で首位に浮上した。

 柏対大宮の「野田線ダービー」は、ともに決め手を欠きスコアレスドロー。柏は勝点4で2位につけ、リーグ戦で6連敗中の大宮は今季公式戦で初の勝点となった。

 仙台はホームで磐田を相手に2-0と快勝。51分にクリスランのゴールで先制した仙台は、68分にユース出身の2年目、19歳の佐々木匠がプロ初ゴールをマーク。1勝1敗とした仙台は、4位に浮上している。一方敗れた磐田は最下位。札幌に敗れ、6位に沈んでいる清水とともに2連敗となり、静岡勢はいまだルヴァンカップで勝利なしと元気がない。
【関連記事】
【J1ベストイレブン】歴史的大勝の浦和から最多の4名。MVPは高採点『8.5』のFW|6節
【ACL】川崎、15年王者に引き分けもピンチ! 4戦連続ドローで2位浮上できず
【ACL】鹿島が最下位・ブリスベンにまさかの敗戦。植田の痛恨クリアミスから先制許す
【ACL採点&寸評】川崎×広州恒大|ハイネル、長谷川、中村らが奮闘するも点は奪えず。MOMはゴールを死守した…
【ルヴァンカップ】好調・神戸が横浜を一蹴。甲府と引き分けたC大阪が1位をキープ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ