【Jユースカップ決勝】FC東京U-18が大逆転で3度目の優勝!! 久保が決勝アシスト!!

カテゴリ:高校・ユース・その他

高校サッカーダイジェスト編集部

2016年11月19日

久保投入で流れを変えて一気にペースアップ!!

鮮やかな逆転劇で2冠を達成したFC東京U-18。無類の勝負強さを発揮した。写真:川端暁彦

画像を見る

尻上がりに調子を上げた平川(右)。とくに後半以降は持ち前の推進力を随所で披露した。写真:川端暁彦

画像を見る

 11月19日、2016Jユースカップの決勝がヤマハスタジアムで行なわれ、FC東京U-18がサンフレッチェ広島ユースを0-2からの大逆転劇で制し、7年ぶり3回目の優勝を飾った。
 
 立ち上がりからペースを掴んだのは広島。FW山根永遠(3年)を急先鋒に激しいフォアチェックでFC東京を自陣に押し込み、28分、勢いのままに均衡を破る。ゴール前20㍍の位置にこぼれてきた球をMF松本大弥(1年)が豪快に右足でインパクトし、ゴールネットに突き刺した。FC東京はMF平川怜(1年)の展開力、半谷陽介(3年)と松岡瑠夢(3年)の2トップの突破力を軸に反撃を試みるも詰めが甘く、ゴールには至らない。すると広島は前半アディショナルタイムに加点。MF藤原慶人(3年)のシュートがDFに当たってコースが変わり、鋭く呼応した山根が押し込んでリードを広げた。
 
 今大会で初めて2点のビハインドを背負い苦境に立たされたFC東京は、後半頭からFW久保建英(中学3年)を投入。雨足が強くなるにつれてチーム全体の活動量が増し、後半に滅法強い本領を発揮していく。まずは50分、MF生地慶充(3年)のパスに抜け出した松岡が1点を返すと、さらにその3分後には2トップのコンビネーションからPKを獲得。これを半谷がきっちり決めて、瞬く間にスコアをタイに戻した。
 
 一進一退の攻防戦は延長戦へ突入。延長後半3分、広島はCKから藤原が強烈なヘディングでゴールを狙うも、ゴールライン際でFC東京の右SB岡庭愁人(2年)がスーパークリア。するとその4分後、敵のミスを突いた久保が単独ドリブルでバイタルエリアに持ち込んで相手3選手を引き付け、絶妙なタイミングで左へパス、これを走り込んできたMF荒川滉貴(2年)が冷静にゴールに流し込み、逆転弾を決めた。
 
 試合はこのままタイムアップ。FC東京の佐藤一樹監督は「感動と感謝、このふたつに尽きます」と語り、見事にチームを束ねた主将のCB蓮川壮大(3年)は「また気を引き締めてプレミアリーグに備えたい。年間目標の3冠を目指します」と意気込んだ。
 
 トップチームとの兼ね合いで、広島がDFイヨハ理ヘンリー(3年)とMF川村拓夢(2年)、FC東京がDF岡崎慎(3年)とMF鈴木喜丈(3年)と中軸を欠くなか、クラブユース界の東西横綱によるまさに総力戦。この大一番をモノにしたFC東京が夏のクラブユース選手権に続き、2冠を達成した。
 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    12月15日発売
    2018年シーズンを総括!
    Jリーグ総集編
    全57クラブの激闘収録
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月4日発売
    欧州100クラブの
    「エース図鑑」
    最も頼れる男はだれだ!?
    2019年“大展望”も必見
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ