本田圭佑が今シーズン初先発へ! ジェノア戦で存在示せば中国移籍の噂も一蹴か

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年10月25日

モンテッラ監督はターンオーバーの採用を示唆した。

ミランが絶対王者ユベントスから4年ぶりの勝利を奪ったセリエA9節でも出番なしだった本田。しかし、ジェノア戦では先発起用されるかもしれない。写真:Alberto LINGRIA

画像を見る

 ミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、現地時間10月25日(日本時間の26日3時45分キックオフ)のジェノア戦(セリエA10節)に向けた前日会見で、次のようにコメントした。
 
「まだユベントス戦(10月22日)から48時間しか経っておらず、選手の神経組織は完全に回復していない。可能なら各セクションで1人は入れ替えたい。2人以上はさすがに難しいだろう」
 
 複数の現地メディアはこのターンオーバーの対象になるのが、右SBのイニャツィオ・アバーテと右ウイングのスソになる可能性が高いと予想。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙や『スカイ』は、代わりにSBにアンドレア・ポーリ、ウイングに本田圭佑がスタメン起用されると予想している。
 
 ここまで全試合で先発し、崩しの切り札として活躍してきたスソとのポジション争いに敗れる格好で、9試合でわずか18分間の出場に終わっている本田。本当に今シーズン初先発となれば、失いつつある存在感を示す大きなアピールの場になる。パフォーマンスに注目したい。
 
 一方で現地メディアはここ最近、「本田には中国スーパーリーグから関心が向けられている」と報じ、上海上港と江蘇蘇寧が来年1月の獲得に向けた動きを始めているとも伝えている。
 
 ミランは中国資本への株式売却が年内中に完了する見込みで、今シーズンは久々のチャンピオンズ・リーグ出場権獲得(セリエA3位以内/現在2位タイ)も現実目標となっているだけに、チャイナ・マネーを使って1月には小さくない補強に動く可能性が高い。
 
 とはいえ、ヨーロッパ・カップ戦がないにもかかわらずトップチームに28名もの選手を抱えるだけに、冬に新たな選手が入ってくれば、クラブはもちろん既存戦力の放出に動くだろう。
 
 ここまでほとんど戦力になっておらず、来年6月で契約満了を迎える(ミランが移籍金を取るには1月が最後のチャンス)本田は、現状では新戦力に押し出される形で放出対象になる可能性が小さくない。
 
 ただ逆にジェノア戦で「スソの代役」という役目をしっかり果たし、貴重なターンオーバー要員として機能することを示せば、放出リストから外される可能性もある。
 
 それゆえ本田にとってジェノア戦は、今シーズンのミランにおける立場、ひいては将来を左右する大事な一戦になると言っていいだろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ