「こいつ、めっちゃ巧いな」。清武が絶賛するリオ五輪世代のアタッカーとは?

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2016年09月12日

「リオ五輪での経験は彼らにとってすごく貴重なものになる」

清武が絶賛したリオ五輪世代のアタッカーとは? 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 リーガ・エスパニョーラのセビージャでプレーする清武は、リオ五輪で戦った日本代表の試合をすべて観たそうだ。サッカーダイジェストの独占インタビューでも、彼は「リオ五輪での経験」について次のように語っている。
 
「この経験は彼らにとってすごく貴重なものになります。自分や(酒井)宏樹もそうだったように、五輪を戦ったチームからヨーロッパに挑戦する選手がどんどん出てきてほしいですね。彼らにとっても、ここからが楽しいんです。海外に出れば、五輪のような痺れる試合を日常的に経験できるんですから」
 
 そんな清武がリオ五輪代表チームで気になった選手はいたのだろうか?
 
「矢島くんや、(中島)翔哉。翔哉はオーストラリアでのアジアカップの時、サポートメンバーで代表に帯同していたんですが、そこで初めて見て、『こいつ、めっちゃ巧いな』って思いました。A代表の選手を相手にしても十分やれていた。リオ五輪でも良かったですしね」
 
 清武からそう称賛される中島は、リオ五輪後、Jリーグで輝きを放っている。途中出場した名古屋戦(8月27日)で終了間際に起死回生の同点ゴールを決めると、直近の湘南戦ではFC東京に流れを呼び込む華麗な先制ミドル。本人は「スピード感が足りない」というものの、ドリブルのキレ、フェイント時の上半身の使い方は目を見張るレベルにある。
 
 清武の「A代表の選手を相手にしても十分やれていた」というのは、決してお世辞ではないだろう。

9月8日発売号のサッカーダイジェストは「2020年東京五輪の旗手たち」。FC東京U-18で活躍する久保建英をはじめ、東京五輪で主役になりそうな選手たちを一挙紹介しています。

画像を見る

9月8日発売号のサッカーダイジェストでは、クラブダイジェストで湘南ベルマーレを取り上げています。

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ