【EURO2016】スタジアムで流れている「あの曲」が気になる

カテゴリ:国際大会

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2016年07月06日

トッティが口ずさんで一躍有名に。

観客を盛り上げる『Seven Nation Army』は、いまやサッカーシーンに欠かせないスタジアムソングとなっている。(C)Getty Images

画像を見る

 EURO2016でゴールが決まった瞬間に会場に流れるあのメロディー。
 
 バイエルンの本拠地アリアンツ・アレーナやアトレティコ・マドリーのホーム、ビセンテ・カルデロンなど、いまや世界中の様々なスタジアムで使用されており、耳にしたことがある方も多いだろう。
 
 マンチェスター・ユナイテッド時代のロビン・ファン・ペルシの応援歌としても知られているこのソング、いつ頃からスタジアムで使われるようになったのだろうか。
 
 実はこの曲、アメリカの人気ロック・バンド「ザ・ホワイト・ストライプス」が2003年にリリースした『Seven Nation Army』というシングルで、元々サッカーソングだったわけではない。
 
 スタジアムで最初に歌うようになったのは、ベルギーの名門クラブ・ブルージュのサポーターだと言われている。03年にチャンピオンズ・リーグでミランと対戦した際、ミラノのバーで流れているのを聴いて耳から離れなくなり、敵地サン・シーロで口ずさんだのが始まりだった。その試合でミランから金星を挙げたため、そのままクラブのチャントとして定番化したのだ。
 
 06年にUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)でブルージュと対戦したローマのサポーターも、このチャントを真似して歌うようになった。そして、ローマの主将フランチェスコ・トッティが、その年のドイツ・ワールドカップでイタリアが優勝した際、祝賀セレモニーでこの歌を披露して話題を呼んだのだった。
 
 これで広くサッカーファンの間に知られるようになった『Seven Nation Army』は、EURO2008で選手入場時の公式アンセムに採用。そしてEURO2012に続いて今大会も、ゴールが決まった直後にスタジアム内を盛り上げるBGMとして使用されている。
 
 大会も残すところあと3試合。あと何度このメロディーが聴けるだろうか。
 
文:ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ