• トップ
  • ニュース一覧
  • 「守備は豆腐のカスだ!」タイとの大一番を痛恨ドローで終えた中国代表に母国メディアが嘆き節!「最終節で韓国と引き分けられるのか…」【W杯予選】

「守備は豆腐のカスだ!」タイとの大一番を痛恨ドローで終えた中国代表に母国メディアが嘆き節!「最終節で韓国と引き分けられるのか…」【W杯予選】

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年06月06日

2位キープも最終節はアウェーでの首位・韓国戦

中国は79分に代表デビューを飾ったバイラム(最奥)が同点弾をゲット。かろうじてドローに持ち込んだ。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 現地6月6日、中国・瀋陽で北中米ワールドカップ・アジア2次予選が開催され、中国代表がタイ代表と対戦。最終予選進出となるグループ2位の座を争うライバル対決は1-1のドローに終わった。中国は勝てば2位確定で引導を渡せたが叶わず、勝点8で2位をキープ。3位のタイは3ポイント差の勝点5で最終節に臨むこととなった。
【PHOTO】韓国No.1美女チアリーダー、キム・ハンナの“ドッカン悩殺ショット”を厳選でお届け!

 中国はブラジルからの帰化選手であるアラン、フェルナンジーニョを先発2トップで起用するなど攻撃的なメンバーを組んだが、タイの鋭いフォアチェックに苦しみ、なかなか前線にボールを運べない。すると20分にスパチョークに頭で先制点を奪われる。その後は目が覚めたかのように猛攻を仕掛けたが、2度もシュートがバーに嫌われるなどツキにも見放された。

 後半も中国はボール支配で上回って反撃を試み、50分には相手のハンドでPKの絶好機を得るが、これをフェルナンジーニョが豪快に外してしまう。攻撃のテンポを上げながらもタイの厳しいチャージに阻まれ、得点を奪うことができない。ようやく79分、デビュー戦となったカザフスタン出身FWバイラムがゴール前のこぼれ球を蹴り込んで同点とし、なんとか最悪の事態だけは免れた。

 タイと3ポイント差で最終節(6月11日)を迎える中国だが、相手はこの日シンガポールを7-0で粉砕した首位・韓国で会場はアウェーだ。かたやタイは最下位のシンガポールとホームゲームを戦う。現時点で中国の得失点差は「+1」でタイは「-2」と3ポイントあるが、ふたつのゲームの結果次第では順位がひっくり返る可能性は十分にある。中国は過酷な敵地で最低でも1ポイントを獲得して逃げ切りたいところだ。
 
 中国メディア『捜狐体育』は「勝って大観衆に歓喜を運びたかったが、中国は精鋭軍団・タイを相手にドローに持ち込むのが精いっぱいだった」と伝え、「日本人の石井監督のもとでタイは攻守によく訓練されたチームだった。かたやイバンコビッチ率いる中国はまだまだ連携がチグハグで個人頼みの感が否めなかった」と断じる。

 さらに「スタートから消極的なプレーが目立ち、やる気があるのかと疑うほどバラバラだった。攻撃陣は調子を上げて徐々に盛り返したが、守備はまるで豆腐のカスのように脆いまま。PKショックから立ち直り、粘って引き分けで終え、敗れなかった点は評価できるが、最終予選進出に向けて危機的な状況である事実は変わらない。アウェーで我々は韓国と引き分けられるだろうか…。まさに生死を賭けた一戦となる」と続けた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】台湾の超人気チア、チュアン・チュアンの艶やか“美的ショット”を厳選でお届け!

【画像】9頭身の超絶ボディ! 韓国チア界が誇る“女神”アン・ジヒョンの悩殺ショットを一挙チェック!
【関連記事】
「バカなこと言わないで!」元中国女子代表の“超美人GK”が生放送中に突然号泣&絶叫! ネット上で賛否両論が渦巻く一大騒動へ
「日本はアジアの王だ」「超大国」5発大勝の森保ジャパンに韓国驚嘆!ミャンマーを一蹴「主力級でなくても凄まじい」
「三笘と久保がいないのに...」森保ジャパンに惨敗でミャンマーファンは嘆き「日本の背中が遠すぎる」「残念な結果だ」
「大失敗だ!」「口紅で追放なんて馬鹿げている」中国紙がU-19中国女子代表の韓国人監督を糾弾!
「追いつくには300年かかる」森保ジャパンの最新メンバー26人に中国羨望!「なんて贅沢な」「古橋は中国に来てくれ!」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ