【J2|9節の全結果】大前のAT弾で清水が6位浮上。山口が4ゴールで千葉を下し、山形が今季初勝利

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年04月23日

清水の大前がエースの仕事を完遂。

決勝点を挙げた清水の大前(10番)。相手DFの前に入り込む駆け引きの巧さが光った。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 J2リーグ9節は4月23日、各地で10試合を開催(熊本対横浜FCは地震の影響で中止)した。
 
 13時キックオフの山口対千葉は、26分に島屋のゴールで山口が先制。直後の29分に追いつかれたものの、34分に再び島屋、同34分に中山と立て続けに2点を奪い、さらに後半立ち上がりの48分に福満がチームの4点目を挙げた。
 
 山口はその後、アディショナルタイムに1点を返されたが、4-2で勝点3を手にした。
 
 16時にキックオフされた北九州対清水は、前半終了間際の40分に、原が古巣相手にゴールを決めて北九州が先手を取る。しかし、後半は清水が牙を向き、47分にオウンゴールで同点に持ち込んだ。
 
 このゴールの後は拮抗した展開が続き、迎えたアディショナルタイムの90+1分。清水のエース・大前がクロスに合わせてダイビングヘッドを叩き込み、清水が2-1で勝利した。
 
 18時30分にキックオフされた松本対群馬は、松本が僅差で群馬を退けた。

 ホームチームは、工藤のテクニカルなゴールで29分に先制し、後半は山本が自ら獲得したPKを沈めて2点差に。終盤にアウェーチームの猛攻を受けて1失点したが、そのまま2-1でサポーターに歓喜を届けた。松本は今季初の3連勝、群馬は4連敗だ。
 
 また、19時キックオフの岡山対山形は、1-0で山形が勝利。70分に林が挙げた1点を守り抜いた。山形は9節にして、ようやく今季初勝利だ。
 
  その他の試合結果と順位は以下のとおり。
 
【J2・9節の試合結果】
山口 4-2 千葉
得点者/山口=島屋2、中山、福満
    千葉=富澤、吉田
 
町田 1-0 長崎
得点者/中島
 
札幌 1-0 C大阪
得点者/札幌=稲本
 
東京V 0-3 水戸
得点者/今瀬、船谷、湯澤
 
金沢 1-2 岐阜
得点者/金沢=山﨑
    岐阜=エヴァンドロ、風間
 
北九州 1-2 清水
得点者/北九州=原
    清水=大前、OG
 
愛媛 1-0 讃岐
得点者/愛媛=林堂
 
京都 0-1 徳島
得点者/徳島=橋内
 
松本 2-1 群馬
得点者/松本=工藤、山本
    群馬=高橋
 
岡山 0-1 山形
得点者/山形=林
 
【J2順位表・9節終了時】
順位 チーム 勝点 試合 得失差
1位 町田  20  9  7
2位 C大阪 20  9  6
3位 札幌  17  9  7
4位 松本  15  9  4
5位 岡山  15  9  3
6位 清水  15  9  3
7位 山口  15  9  1
8位 岐阜  15  9  -3
9位 讃岐  14  9  1
10位 千葉  14  9  0
11位 熊本  13  7  2
12位 愛媛  13  8  0
13位 横浜FC 11  8  3
14位 京都  10  8  -1
15位 東京V 9  9  -4
16位 水戸  8  8  0
17位 徳島  8  9  -4
18位 群馬  7  9  -1
19位 長崎  7  8  -5
20位 山形  6  9  -4
21位 北九州 5  9  -9
22位 金沢  2  8  -6

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月14日号
    10月24日発売
    2019年J1&J2全40クラブ
    先取移籍マーケット
    冬の補強戦略
    U-17W杯開幕ガイドも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ