• トップ
  • ニュース一覧
  • 「誰を使っても良い状態」清水の秋葉監督が4ー0完勝で7連勝のチームに手応え!「優勝まで突き進んでいきたい」

「誰を使っても良い状態」清水の秋葉監督が4ー0完勝で7連勝のチームに手応え!「優勝まで突き進んでいきたい」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年05月11日

「去年の悔しさが我々の背景にあります」

7連勝を果たした清水の秋葉監督。写真:田中研治(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 清水エスパルスは5月11日、J2第15節で鹿児島ユナイテッドFCとホームで対戦。開始1分に中村亮太朗のゴールで先制すると、43分には北川航也の得点でリードを広げる。後半も68分に住吉ジェラニレショーン、82分に西原源樹の加点で突き放し、4-0で大勝。7連勝を飾った。

 試合後のフラッシュインタビューで、秋葉忠宏監督はチームのどん欲な姿勢に言及した。

「去年の悔しさ、絶対に忘れてはいけないものが我々の背景にありますから。勝利の飢えや渇きみたいなもの、これは絶対に無くさずに、優勝するまでしっかりやりたいと思っています」

 後半の途中に4バックから3バックに変更。その意図については、こう語った。

「本当は前からプレッシングに行きたかったのですけど、鹿児島さんも上手くずらしてくるので、なかなかハマらないところもあったので。だったら、後ろをふさぎながら、より前向きなプレッシングに行こうと思いました。我々にはすぐに反応できる選手がたくさんいますので、非常に助かっています。良かったです」
【PHOTO】華やかなダンスパフォ! Jクラブチアが国立に大集合!
 中村、北川、住吉のゴールは、セットプレーの流れから生まれたもの。指揮官は、コーチ、キッカー、得点者を称える。

「コーチの依田(光正)とか市川大祐を含めて、非常によくやってくれています。キッカーの矢島慎也と山原怜音、中で高さのある選手が迫力を持って、ただ触るとか決めるじゃなくて『絶対に、何が何でも決めてやるんだとか、何が何でも触るんだ』というメンタリティを見せてくれたからこそのゴールでしたから、続けてほしいです」

 まだ、ダメ押しの4点目を決めた西原ら、途中交代で入った選手の活躍も評価し、チームの充実ぶりに胸を張った。

「誰を使っても良い状態ですから。また明日、トレーニングマッチがありますので、そこで良い選手をどんどんピッチに送り出そうと思います。全員の力を持って必ず、優勝するまで突き進んでいきたいです」

 そして、ファン・サポーターに向けて「最後の最後、優勝するその日まで、ぜひ我々とともに戦って下さい」と呼びかけた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「選手はどうサボりながら勝つかを考えちゃう」内田篤人が“夏のJリーグ”について持論

【記事】「究極の美脚だ!」韓国9頭身チアがパッツパツパンツ姿で魅せた“メガトン級ボディ”にファンうっとり!「ホンモノの女神」「彼女にしたい」

【PHOTO】アウェーで勝点3ゲット!満開の笑顔を咲かせた、清水エスパルスサポーター!
【関連記事】
「選手はどうサボりながら勝つかを考えちゃう」内田篤人が“夏のJリーグ”について持論「正直、欧州と逆のことをやっている」
「とても貴重な映像」引退表明のフィギュア宇野昌磨、名古屋戦でのキックインセレモニーに再脚光!
「『走らないでー』って」内田篤人が明かすドゥトラの強烈キャラ。栗原勇蔵はレジェンド助っ人息子の爆笑秘話を披露「そんな甘くねえぞ(笑)」
「びっくりした」「成長しまくりですよ」内田篤人が絶賛した大岩J戦士は? 野々村チェアマンも評価「センスあるね」
「小学生の質問? 彼、プロですよね」内田篤人がU-23日本代表FWの“発言”をバッサリ!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ