• トップ
  • ニュース一覧
  • 「一生懸命に走り、戦い抜いた」PK戦で2本ストップのマドリー守護神、CL4強入りに意気揚々「信じられないような努力をしてくれた」

「一生懸命に走り、戦い抜いた」PK戦で2本ストップのマドリー守護神、CL4強入りに意気揚々「信じられないような努力をしてくれた」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年04月18日

「私にとっては素晴らしい経験だった」

シティ戦で先発し、好守を披露したルニン。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間4月17日に開催されたチャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝・第2レグで、レアル・マドリーはマンチェスター・シティと敵地で対戦。第1レグは3-3のドローだったなか、1-1で引き分けて、2戦合計4-4と決着つかず。PK戦を4-3で制し、次ラウンドへ駒を進めた。

 この一戦で4強進出の立役者となったのが、GKのアンドリー・ルニンだ。シティの猛攻に対して1失点に抑えると、迎えたPK戦では2人目のベルナルド・シウバ、3人目のマテオ・コバチッチを連続でストップする活躍を見せた。

 クラブの公式サイトによれば、ウクライナ代表GKは「このレベルの試合は初めてなので疲労困憊だよ」と切り出し、次のようにチームを誇った。
【動画】マドリーのロドリゴがシティ戦で決めた先制弾
「準決勝に進むために一生懸命に走り、戦い抜いた。いつもボールを持ってプレーできるわけではないし、ピッチ上で最高のチームになれるわけでもない。私にとっては素晴らしい経験だったし、チームは120分間、信じられないような努力をしてくれた」

 またPK戦に関しては、こう言及している。

「ピッチに残された選手は、全員(PK戦の)準備ができていたと思うよ。幸いにも上手くいった。1度目のストップは、私は中央にいなければと思っていたよ」

 激闘を制したマドリーは、準決勝でバイエルンと相まみえる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「冨安コンタクト」がトレンド入り!冨安健洋、CLでまさかのアクシデントにネット反響!「大ブーイング受けてる」「座り方怖すぎる」
 
【関連記事】
「冨安コンタクト」がトレンド入り!冨安健洋、CLでまさかのアクシデントにネット反響!「大ブーイング受けてる」「座り方怖すぎる」
「エンドウは信じられないほど素晴らしい」遠藤航をリバプールの伝説DFが絶賛!「一日中走り回って...」
「本当にひどい」「全く役に立たない」衝撃のタッチ数20回! 沈黙したハーランドをマドリーOBが酷評
「彼が入るとボールが回り出す」中村俊輔がマンCで注目するキーマンは?「グアルディオラが一番大事にしていると思う。デ・ブライネより」
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ