【ACL】頼みの宇佐美は不発。上海上港に完敗したG大阪の長谷川監督は、「終始、イニシアチブを握れない試合だった」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年04月06日

Jリーグを含めて公式戦4連敗。まさに泥沼のG大阪。

頼みの宇佐美も不発…。G大阪は良いところなく、上海上港に完敗した。(C)Getty Images

画像を見る

G大阪0-2上海上港
【得点】上海上港=ウー・レイ(66分)、ルー・ウェンジュン(72分)
【警告】G大阪=パトリック(32分) 上海上港=ワン・シェンチャオ(79分)、ツァイ・フイカン(90+2分)
【退場】なし

画像を見る

 ACLのグループステージ4節が4月6日、各地で行なわれた。市立吹田サッカースタジアムに中国の上海上港を迎えたG大阪は、良いところなく0-2で敗れた。

 G大阪は立ち上がりから上海上港のハイプレスに苦しみ、ボールを失っては反撃を受けた。特に個人技に長けたコンカやエウケソンらを抑えられず、度々決定的なシュートを打たれてしまう。
 
 また、宇佐美、アデミウソン、パトリックを並べた攻撃面も低調で、これといったチャンスを作れず。宇佐美が時折、ドリブル突破でシュートまで持ち込むものの、いずれも枠を捉えきれなかった。

 なんとか0-0で突入した後半も、G大阪は相手に主導権を握られ続けた。そして66分、中央をワンツーで崩され、ウー・レイに先制点を奪われてしまう。さらに72分には、サイドチェンジで揺さぶられた末に、ルー・ウェンジュンのミドルを浴びて2失点目……。

 結局、1点も奪えないまま、0-2で終了の笛を聞いた。
 
「上海のほうがセカンドボールの出足や球際が上回っていた。終始、イニシアチブを握れない試合だった」(長谷川監督)
 
 指揮官も認める完敗だ。
 
 G大阪はACLで2分2敗と勝ちがなく、グループステージの突破はかなり厳しい状況に。また、Jリーグを含めて公式戦4連敗と、泥沼にはまっている。
 
【関連記事】
【G大阪】5年ぶりPK失敗の遠藤は、「また機会があればしっかりと蹴りたい」。公式戦3連敗のG大阪が、苦境から抜け出す術は?
【J1採点&寸評】G大阪×横浜|鮮烈FKの中村がMOM。PKストップの飯倉も高く評価
【ACL採点&寸評】浦和 1-0 広州恒大|遠藤がJ・マルチネスを抑え、関根がサイドを制圧。リオ五輪世代コンビが“突き抜ける”プレーを見せ、アジア王者との痺れる熱戦を制す!
【日本代表】ストライカー不遇の法則。佐藤寿人、豊田陽平…それでも代表監督に愛されなかった理由
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ