• トップ
  • ニュース一覧
  • ヨルダンの準優勝に韓国メディアが即反応!「通用していた真理が外れた」“公式”にあてはめれば頂点に立つはずだったが...【アジア杯】

ヨルダンの準優勝に韓国メディアが即反応!「通用していた真理が外れた」“公式”にあてはめれば頂点に立つはずだったが...【アジア杯】

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年02月11日

「韓国を倒せば優勝する」

アジア杯決勝でヨルダンはカタールに1-3で敗戦。ジンクスは破れた。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部/現地特派)

画像を見る

 カタールで開催されたアジアカップは、ホスト国の連覇で幕を閉じた。

 現地2月10日に決勝戦が行なわれ、カタールとヨルダンが対戦。前回大会の覇者カタールはアクラム・アフィフのPKによるハットトリックで、3-1の勝利を収めた。

 この結果を受けて、韓国メディア『ベストイレブン』が、あるジンクスが破られたことを伝えた。

「韓国を倒せば優勝する。アジアカップ“優勝公式”として通用していた真理が今回は外れた。イランに勝って決勝に進出したカタールが、韓国に勝ったヨルダンを抑えてチャンピオンになった」

 そう書き出した記事では、過去の大会を次のように振り返る。
【PHOTO】華やかコスチュームでエール! 大会を彩る韓国女子サポを特集!
「韓国を倒せば優勝する。この言葉は、韓国を越えなければ優勝できないという意味に解釈される。

 2007年のチャンピオンであるイラクは、準決勝で韓国をPK戦で下したあと、決勝戦でサウジアラビアに勝って優勝した。

 2011年も同様だ。当時の準決勝は韓日戦。韓国と2-2で引き分け、PK戦の末に勝ち上がった日本は、決勝では延長戦の末にオーストラリアを1-0で下して優勝した。

 4年後のオーストラリアでは、決勝戦でオーストラリアと韓国が対戦し、オーストラリアは韓国を2-1で制した。2019年大会でも“優勝公式”が適用された。準々決勝でカタールは韓国を1-0で破り、準決勝でUAEに、決勝で日本に勝って頂点に立った」

 そして今大会、先述したとおり、4強に進出した韓国の決勝行きを阻んだのがヨルダンだった。これまでの法則ならヨルダンがタイトルを手にしたはずだったが...ベストイレブンは「ついに公式が壊れた」との言葉で記事を締めくくっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】アジアカップ2023を彩る各国美女サポーターを特集!

【記事】「初めて見たかも」「しかも決勝で!」連覇カタールのアフィフ、“PKハット”にファン驚き!「藤田俊哉しかしらん」【アジア杯】

【記事】謝罪なし? 4強敗退の韓国、クリンスマン監督の“態度”に母国メディアもイライラ「1人、自画自賛。ファンも怒る」【アジア杯】
 
【関連記事】
「初めて見たかも」「しかも決勝で!」連覇カタールのアフィフ、“PKハット”にファン驚き!「藤田俊哉しかしらん」【アジア杯】
謝罪なし? 4強敗退の韓国、クリンスマン監督の“態度”に母国メディアもイライラ「1人、自画自賛。ファンも怒る」【アジア杯】
「選手を並べているだけ」韓国人記者が糾弾したクリンスマン監督の“放任采配”「韓国式の指導も必要」【現地発】
「過激で否定的な意見があるね」沸騰する“辞任要求”にも韓国クリンスマン監督は笑顔で意に介さず!「ベスト4は失敗じゃない」「働き方は変えない」【アジア杯】
「森保監督は甘く見ていた」“史上最強”がまさかの8強敗退。指揮官の采配を海外記者はどう見た? 守田の発言には「韓国と問題は同じ」【現地発】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ