カヤFCに3発完勝の横浜。3バックにシステム変更した指揮官の狙い【ACL】

カテゴリ:Jリーグ

金子 徹(サッカーダイジェスト編集部)

2023年10月26日

「攻撃を増やすために、その形にした」

いつもの4バックではなく、3バックでカヤFC戦に臨んだマスカット監督。写真:鈴木颯太朗

画像を見る

[ACLグループステージ第3節]横浜 3-0 カヤFC/10月25日/日産スタジアム

 横浜F・マリノスは10月25日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ第3節でカヤFCと対戦し、3-0で勝利した。

 この試合で特筆すべきは、いつもの4バックではなく、3バックにシステム変更したことだろう。

 横浜は現在、畠中槙之輔、角田涼太朗、上島拓巳、小池龍太、小池裕太、加藤聖とディフェンス陣に多くの怪我人を抱えている。また、優勝争いを演じるリーグ戦を中2日に控える過密日程のため、選手のコンディションを見極めて起用する必要もあるだろう。

 試合後、「いくつか理由はありました」と述べたケヴィン・マスカット監督は、「数少ない情報のなかで分析し、ボールをほとんど握れると想像していた」として、3バックにした狙いをこう語った。
【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブのチアリーダーを一挙紹介!
「ボールを持っている試合はほとんど敵陣でプレーできているため、攻撃を増やすために、その形にしたのもある」

 この日は両ワイドの水沼宏太と井上健太がウイングバックのような役割をこなし、攻撃時は最前線に、守備時は最終ラインに加わることで、攻守に厚みを出していた。

 しかし、70パーセントを超えるポゼッション率で、圧倒的に試合を支配。松原健が「引いた相手だったので、何が難しかったとか、これができたっていうのは正直ない」と本音を漏らしたように、3バックがしっかり機能したかどうかは分からない。

 それでも、「ほんとにやりたかったサッカーかと言うと、ハテナがつくところはありますけど、こういった試合を勝ち切るのは非常に大事。ディフェンス陣は失点をせずに終われて良かった」とも語ったように、新たな戦い方にチャレンジして勝利を収めたことが何よりも収穫だろう。

取材・文●金子徹(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブのチアリーダーを一挙紹介!

「クラブ間の韓日戦で優位を占めた」韓国勢が日本遠征“2勝1敗”、母国メディアも自信「日本サッカーの聖地で収めた勝利。特別な意味を持つ」

1G1Aのジェズスを抑えてMOM!“スーパー・トミヤス”復活に現地ファン大興奮!「当然の評価だ!」「毎週先発させよう
【関連記事】
HTに吉尾海夏にリクエスト。横浜FW杉本健勇が明かした豪快ヘッド弾の舞台裏【ACL】
「クラブ間の韓日戦で優位を占めた」韓国勢が日本遠征“2勝1敗”、母国メディアも自信「日本サッカーの聖地で収めた勝利。特別な意味を持つ」
「非紳士的な行為。故意だった」ボールをぶつけた敵FWの“愚行”、警告なしの判定に蔚山のホン・ミョンボ監督は怒り!「我々の選手が抗議したのは当然」【ACL】
「凄すぎて訳わからん」C・ロナウドが大暴れ!圧巻アシスト&逆足ゴラッソ2発にファン驚嘆「何歳になっても化け物」
「相変わらず汚ねぇな」「何しても許されるんか?」37歳S・ラモスの衝撃行動に怒りの声!被害の冨安健洋は痛みのあまり…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ