• トップ
  • ニュース一覧
  • 柏に敗れ、今季初の連敗。マリノス主将・喜田拓也が痛感した、共通理解と変化する力の必要性

柏に敗れ、今季初の連敗。マリノス主将・喜田拓也が痛感した、共通理解と変化する力の必要性

カテゴリ:Jリーグ

金子 徹(サッカーダイジェスト編集部)

2023年09月03日

「自身としても、チームとしてもミスが多かった」

ボランチで先発出場した喜田。相手のプレッシャーに苦戦し、67分にピッチを退いた。写真:田中研治(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1第26節]柏 2-0 横浜/9月2日/三協フロンテア柏スタジアム

「力不足です」

 9月2日に行なわれたJ1第26節で、柏レイソルと対戦した横浜F・マリノスは、0-2で敗戦。試合後、主将の喜田拓也は悔しさを押し殺すようにして、そう語った。

 序盤こそ何度か相手ゴールに迫った横浜だが、次第にペースを握られ、52分と83分に失点。後半はチャンスらしいチャンスをほとんど作れなかった。

 その原因のひとつは、CBやボランチがボールを保持しているところを狙ってプレスをかけてくる柏の守備を、上手く回避できなかった点だろう。

 実際、CBのエドゥアルドと上島拓巳がボールの出しどころに迷い、苦し紛れにGK飯倉大樹にバックパスしたり、相手DFの裏のスペースにロングボールを蹴る場面が少なくなかった。

 また、パスミスやボールロストも散見されるなど、「チームとしてプレッシャーを感じてしまった」(渡辺皓太)。
【PHOTO】横浜の出場16選手&監督の採点・寸評。CB2人はビルドアップで苦心。A・ロペスは41分のビッグチャンスを決め切れず
 67分にピッチを退いた喜田は、「自身としても、チームとしてもミスが多かった」と反省の弁を述べ、こう続ける。

「柏は中に誘っていたと思うので、それでも中で、質で上回っていくのか、それとも違う手を出していくのかという部分の共通理解を深めていかなければいけないと痛感したし、そこは足りなかったです。もっと上げていけるし、(チームで)話していきたい」

 また、残りの試合を勝ち続けていくためのポイントにも言及する。

「柏は90分を通して狙いが徹底していたので、そこで変化できなければ、こういう試合になってしまう。相手のやり方を感じた時にどう変化していけるかが大事になる」

 リーグ戦は残り8試合と終盤に差し掛かっているなかで、今季初の連敗。現状では暫定首位も、3日に行なわれる2位ヴィッセル神戸の結果次第では入れ替わるため、まさに正念場だ。

 19年ぶりの連覇を成し遂げるためにも、トリコロールのキャプテンが指摘した課題をチームの力に変えたい。

取材・文●金子徹(サッカーダイジェスト編集部)

17位柏に完敗の首位横浜。指揮官が口にした敗因は、勝ちにこだわる気持ちの差

「最高過ぎます」宮市亮や仲川輝人らが集結!マリノス小池龍太の28歳誕生日報告が話題「当たり前のようにテルがいるー!」

「私はそんなことしないよ!」真野恵里菜が夫・柴崎岳の鹿島復帰にあたっての“匂わせ投稿疑惑”を完全否定!「ちょっと違う方向で…」
【関連記事】
【採点寸評|横浜】文字通りの完敗。ミスが目についたダブルボランチは厳しく評価[J1第26節 柏 2-0 横浜]
17位柏に完敗の首位横浜。指揮官が口にした敗因は、勝ちにこだわる気持ちの差
「最高過ぎます」宮市亮や仲川輝人らが集結!マリノス小池龍太の28歳誕生日報告が話題「当たり前のようにテルがいるー!」
平畠啓史チョイス“至極の11人”|3人を選んだ鹿島からMVPをセレクト。カンテの喜び時間差攻撃はハマる【J1月間ベストイレブン8月】
「俺がトイレから帰ってきたら...」小倉隆史が名古屋の監督時代を回想「完全に経験不足。迷惑をかけた」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ