• トップ
  • ニュース一覧
  • 「史上最悪の移籍」チェルシーのルカク再獲得を英紙が痛烈批判! 当時のクラブ史上最高額での補強を「もっとも高くついた失敗」

「史上最悪の移籍」チェルシーのルカク再獲得を英紙が痛烈批判! 当時のクラブ史上最高額での補強を「もっとも高くついた失敗」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年08月30日

赤字は「1億ポンドを超えている」

昨シーズンはインテルへと期限付き移籍していたルカク。(C)Getty Images

画像を見る

 英国紙『Daily Mail』は8月30日、チェルシーのロメル・ルカク再獲得を批判した。

 ルカクは2011年にアンデルレヒトからチェルシーへ加入。翌年からウェストブロムウィッチやエバートンへ期限付き移籍をし、2014年にエバートンへ完全移籍を果たした。その後、マンチェスター・ユナイテッドを経て2019年にインテルへ加わると、セリエAの2シーズンで47ゴールを決める活躍を見せた。
【PHOTO】2023年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!
 するとチェルシーは2021年、イタリアで得点を重ねるベルギー代表FWを当時のクラブ史上最高額となる移籍金9750万ポンド(約183億3000万円)を支払って再獲得し、エース候補として迎え入れた。しかし、ルカクはプレミアリーグ26試合8ゴールと期待には応えられず。昨季はレンタルでインテルに貸し出された。

 そんな2021年の補強を同紙は「イングランドサッカー史上最悪の移籍」と痛烈に批判。獲得時の移籍金と年俸は、エバートンへの売却額を引いても「(赤字は)1億ポンド(約188億円)を超えている」と伝え、金額面での損失の大きさがその理由だという。

 また同紙は「プレミアリーグでもっとも高くついた失敗になる可能性は高い」と、ストライカーにも批判の矛先を向けている。ローマへの移籍が秒読みとなっている30歳は、このまま他クラブを転々として、チェルシーとの契約である2026年を迎えるのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「旗手がいないとゴールは期待できない。なぜ先発でない?」セルティック不調の原因を英大手が特集「30点の古橋を落とすなんて本当に驚きだ」

「ワオ、なんてすごい経験だ」ケインのバイエルン移籍に大先輩の存在あり!前エースからも刺激「彼のレベルに到達したい」

インテル撤退、ユーベ行きも諦め、去就決まらぬルカクに朗報!新天地候補にローマが浮上し、本人も移籍に乗り気と英紙報道
【関連記事】
「気に入らない。この上ない失望」インテル元会長が“裏切り”のルカクを痛烈非難!「いないほうがマシだ」
インテル撤退、ユーベ行きも諦め、去就決まらぬルカクに朗報!新天地候補にローマが浮上し、本人も移籍に乗り気と英紙報道
「ワオ、なんてすごい経験だ」ケインのバイエルン移籍に大先輩の存在あり!前エースからも刺激「彼のレベルに到達したい」
「旗手がいないとゴールは期待できない。なぜ先発でない?」セルティック不調の原因を英大手が特集「30点の古橋を落とすなんて本当に驚きだ」
「鎌田は水から飛び出した魚のよう」連敗発進のラツィオにOBが見解「ミリンコビッチ=サビッチの不在を感じるのは当然だ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ