【J1・J2移籍動向】闘莉王が名古屋を退団。「私自身が変わらなければいけない」(闘莉王)

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年01月09日

改革とコストカットの波に巻き込まれ…。

6年間に渡って名古屋でプレーし、優勝にも貢献した闘莉王。現役引退の可能性もあるという。 (C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 名古屋が9日、DF田中マルクス闘莉王(34歳)の退団を発表した。闘莉王はクラブをとおして「今回、ブラジルに帰ってゆっくり考える時間を持ち、私自身が変わらなければいけないという想いに達しました」とコメントしており、苦渋の決断だったようだ。

 今季から小倉隆史新監督に率いられる名古屋は、2016年を改革の年と位置付けており、人件費のスリム化と選手層の見直しを進めていた。

 昨年11月には、FWノヴァコヴィッチ(36歳)、MFレアンドロ・ドミンゲス(29歳)、MFダニルソン(29歳)ら7選手との契約満了を発表。さらにレギュラーを務めたDF牟田雄祐(25歳)、DF本多勇喜(24歳)を京都に移籍させるなど、多くの主力を放出してきた。

 闘莉王は契約延長のオファーを受けていたが、その額は約1億円のダウン提示だったという。

 闘莉王はすでに、浦和時代に親交のある鳥取の岡野雅行GMから獲得の打診を受けているというが、去就は未定だ。他クラブからオファーが届く可能性もあり、今後の動向が注目される。

 クラブ発表のコメント全文は以下のとおり。

「名古屋グランパスのファン・サポーター、パートナー企業、そしてスタッフの皆様、6年間大変お世話になりました。名古屋での6年間を振り返ると様々な思い出があります。私が移籍してきた2010年、名古屋グランパスはJリーグ初優勝を遂げることができました。移籍後最初のシーズンで優勝できたことは、私にとって非常に思い出深い出来事です。
 
 2011年には、東日本大震災が発生しました。地震が発生したのは、私たちがアウェイの仙台戦に向かう移動中のことでした。震災後、東北出身のJリーガーが集まって、『東北人魂』という支援プロジェクトをスタートさせ、今も東北の子供たちに対し、サッカーを通した地道な支援活動を続けています。
 
 私も水戸ホーリーホックに在籍した経験もあることから、楢崎選手と一緒に、被災した茨城県水戸市の子供たちを慰問しました。その後、愛知トヨタさんのご支援で、東日本大震災のためのチャリティオークションにも協力することができました。
 
 2014年、2015年は西野監督のもと、キャプテンに指名されましたが、期待された成績をあげることができず、本当に申し訳なく思っています。
 
 また、昨年は、私が最初にプロ選手として加入したサンフレッチェ広島が、Jリーグ優勝とクラブワールドカップ3位という偉業を達成しました。広島の森保監督は『平和と命の大切さ』をメッセージとして世界に発信しましたが、私も人として何が大切かを教わりました。
 
 2016年、名古屋グランパスは大変革の年と位置づけています。
 広島で2年、水戸で1年、浦和で6年、そして名古屋で6年、プロサッカー選手として闘い続けてきました。今回、ブラジルに帰ってゆっくり考える時間を持ち、私自身が変わらなければいけないという想いに達しました。
 
 名古屋グランパスのファン・サポーター、パートナー企業、そしてスタッフの皆様に、あらためて心から感謝申し上げます」

 そのほか、1月9日時点での各クラブの移籍動向はこちら→【J1・J2/42クラブの移籍動向】
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ