• トップ
  • ニュース一覧
  • 報酬はなんと総額450億円!ベンゼマに続いてカンテもサウジ王者行き間近、ACLでJリーグ勢が対戦も

報酬はなんと総額450億円!ベンゼマに続いてカンテもサウジ王者行き間近、ACLでJリーグ勢が対戦も

カテゴリ:移籍情報

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年06月07日

チェルシーと延長に向けて話し合いを進めていたが

アル・イテハド移籍が迫っているカンテ。(C)Getty Images

画像を見る

 サウジアラビア・リーグの勢いはまさに天井知らずだ。

 アル・イテハドは現地時間6月7日、元フランス代表FWのカリム・ベンゼマを獲得。2023年までの3年契約で、年俸は様々な商業契約(肖像権など)を含めると2億ユーロ(約300億円)に達すると報じられた。

 そのアル・イテハドは、同じくフランス代表歴のある大物を狙っているようだ。移籍市場のエキスパートである『スカイ・イタリア』のファブリツィオ・ロマーノ記者によれば、チェルシーのMFエヌゴロ・カンテ(32歳)ともロンドンで本格的な契約交渉を進めているという。

 オファー内容は、肖像権など様々な商業契約を含めると年俸が1億ユーロ(約150億円)。提示された3年契約だと、合計3億ユーロ(約450億円)というビッグディールだ。
 
 カンテとチェルシーの現行契約は今年6月30日で満了するが、両者は延長に向けてポジティブな話し合いを進めてきたと言われている。しかし、カンテに思わぬビッグオファーが届いて状況は一変。ロマーノ記者によれば、カンテ側はアル・イテハドの提案を受け入れる姿勢を見せ、話は交渉成立間近まで進んでいるという。

 2022-2023シーズンの国内リーグで優勝したアル・イテハドは、前線にベンゼマ、中盤にカンテを擁する豪華チームに生まれ変わるのか。彼らとはACLでJリーグ勢が対戦する可能性もあるだけに、日本のサッカーファンにとっても大きな関心事となりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
ベンゼマ、年俸300億円でサウジアラビア移籍が決定!「ACLを獲ろう」とバロンドーラーにファンも期待
シャビと熱い抱擁を交わしたイニエスタ。2人はどんな会話をしたのか?
「クボはすでに世界のトップだ」久保建英の市場価値急騰にスペイン大手紙が驚嘆!「B・シウバ、コマンらのスターよりも上」
現役引退のイブラヒモビッチが“歴代チームメイト”のベスト11を発表!最前線に選んだのはもちろん…
「ナンバーワンターゲットだ」ポステコグルーの監督就任で古橋亨梧のトッテナム移籍が加速と英報道!「プレミアの水準ではお買い得」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ