• トップ
  • ニュース一覧
  • 【クラブW杯】広州恒大の「ブラジル・カルテット」で眩い輝きを放った攻守万能のボランチ

【クラブW杯】広州恒大の「ブラジル・カルテット」で眩い輝きを放った攻守万能のボランチ

カテゴリ:国際大会

白鳥大知(サッカーダイジェストWEB)

2015年12月13日

「ヨーロッパで通用しなかった終わった選手」。そんな見方もされたが…。

左サイドを突破して同点弾の起点になり、CKにヘッドで合わせて決勝点! パウリーニョはふたつの大きな仕事で準決勝進出に貢献した。 写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 広州恒大の最大の売りが、潤沢な資金力を背景に引き抜いた「ブラジル・カルテット」だ。点取り屋のエウケソン、2014年にブラジル・リーグMVPに輝いたグラール、14年W杯に出場したパウリ―ニョ、そしてR・マドリーやミランなど欧州のメガクラブを渡り歩いたロビーニョは、いずれもセレソン選出経験のある名手である。

 12月13日のクラブワールドカップ準々決勝のクラブ・アメリカ戦でも、この4人は揃ってスタメンに名を連ねた。ただ、序盤こそ良い距離感を保ちブラジル人らしい細かいパスワークを見せたが、チームが徐々に間延びしたため影響もあって、前半半ば過ぎからはコンビネーションが機能しなくなった。

 個々を見ても、左ウイングのロビーニョはさすがの技巧を見せたもののハーフタイムに退き、CFのエウケソンは起点にこそなったがフィニッシュで存在感を示せず。トップ下のグラールに至っては、ミスを繰り返してイライラを募らせるなど低調だった。

 そんななかで、格段の存在感を放ったのが、ボランチのパウリ―ニョだ。守備では最終ラインの手前で危機察知能力と出足の良さを活かして防波堤となれば、攻撃では正確な繋ぎとオーバーラップを披露した。

 80分には左サイドをドリブルで駆け上がって同点ゴールの起点となり、90+3分にはCKからヘディングで歓喜の逆転ゴール。ふたつのビッグプレーで広州恒大の逆転勝利に貢献し、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

 2012年にコリンチャンスの一員としてクラブワールドカップ優勝を飾り、翌年夏にはトッテナムに移籍。しかし、14年のブラジル・ワールドカップでセレソン敗退の戦犯のひとりに挙げられ、トッテナムでも定位置を失ったボランチは、15年7月に広州恒大へと新天地を求めた。

 26歳でヨーロッパを後にし、辺境の中国に渡ったこの決断は、「ヨーロッパで通用しなかった選手」、「終わった選手」、「カネに目がくらんだ選手」という見られ方もされた。しかし、この日のパフォーマンスを見れば、そんな陰口を叩く者はいないだろう。

「僕だけでなく、チームそのものの姿勢とパフォーマンスが良かった。ビハインドにも動じず、一丸となって逆転できた」

 試合後、謙虚にそう語った攻守万能のボランチは、優勝候補筆頭のバルセロナと激突する準決勝でも、広州恒大における最大のキーマンになるに違いない。

【PHOTOハイライト】クラブ・アメリカ 1-2 広州恒大

取材・文:白鳥大知(サッカーダイジェストWEB)
【関連記事】
【クラブW杯】残り10分からのドラマ! 広州恒大がパウリーニョの劇的な決勝ヘッドで逆転勝利!!
【クラブW杯速報】広島×マゼンベ|スタメン発表! 佐藤、ドウグラスが先発復帰。2シャドーに茶島を起用
【Jリーグ】トライアウトで垣間見えた"ベテランの価値と矜持"
【Jリーグ】現役J1リーガー90人が選んだ”2015年のベストプレーヤー"は?
【EURO2016完全ガイド|グループA~C編】フランス、イングランド、ドイツの首位通過は鉄板だ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ