• トップ
  • ニュース一覧
  • 「30年の歴史で最悪の瞬間」歴史的大敗で4連敗…鹿島の窮状にブラジルメディアも驚き「神戸戦の最後は練習のようだった」

「30年の歴史で最悪の瞬間」歴史的大敗で4連敗…鹿島の窮状にブラジルメディアも驚き「神戸戦の最後は練習のようだった」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年04月18日

「フラストレーションは非常に大きい」

神戸に歴史的大敗を喫し、項垂れる鹿島イレブン。写真:梅月智史

画像を見る

 鹿島アントラーズは4月15日に行なわれたJ1第8節で、ヴィッセル神戸と対戦。1-5の大敗を喫し、4連敗となった。

 リーグ最多タイトルを誇る名門の不調に海外も注目している。ブラジルの大手メディア『globo』は4月17日、「ジーコの目の前で、鹿島は 28 年ぶりのホーム大敗を喫した」と見出しを打った記事を掲載した。

 同メディアは、この試合をクラブのレジェンドで現在はアドバイザーを務めるジーコ氏が観戦していたこと、ホームでの5失点は1995年シーズン以来だったことを伝えたうえで、「鹿島は30年の歴史の中で最悪の瞬間のひとつを経験している」と綴っている。

「J1リーグ4連敗。昨年8月からホームで勝利なし。クラブの歴史の中で最大の無冠期間 (4年)。 日本最高の王者だった鹿島は、30年の歴史の中で最悪の瞬間のひとつを経験している」
 
 記事は「チャンピオンになることを夢見てシーズンに臨んだチームにとって、フラストレーションは非常に大きい。アシスタントコーチを務めていたスイスのレネ・ヴァイラー監督が辞任した後、2022年8月に就任した岩政大樹監督の仕事ぶりは芳しくなく、アントラーズはこの間、説得力のあるサッカーをしていなかった」と酷評した。

 また、神戸戦については「岩政監督の動きは、結果を求めることよりも叩かれないことを考えているようだった。そして、彼はそれさえ理解していなかった。神戸は弱体化した相手をうまく利用して、最後の数分間に佐々木大樹と武藤嘉紀で2ゴールを決めた。トレーニングのようにさえ感じた」とこき下ろしている。

 自国の英雄ジーコのイズムが根付く常勝軍団に現状に、ブラジルのメディアも驚いているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】大敗後に涙を流しながらサポーターの前で話をする鈴木優磨

【PHOTO】鹿島の出場16選手&監督の採点・寸評。植田は失点場面で大迫をフリーに。優磨はやや空回り気味
【関連記事】
「俺らのせいだよ。でも…」4連敗の鹿島、鈴木優磨が試合後にサポーターとやり取り。スタンドから「気持ちがねーんだよ」の声も
「監督だから、そういうことするな!」アビスパ指揮官が鹿島の岩政監督に面と向かって猛抗議!「スローインの時に出てくるのは良くない」
「岩政さんも難しいと思う」OB内田篤人が鹿島の“バス囲み騒動”に見解「じゃあ勝たなくていいのかと言えば…」
「この先なかなか出てこないだろうね」「ずるい」内田篤人が能力に驚嘆した日本人SBは? 育てようとしても「作れない」ため、提唱した手段は…
「そんなヤバいの?」鹿島、泥沼4連敗。優磨の反撃弾も実らず、神戸に1-5惨敗「見ててつらい」「岩政解任には反対」の声

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ