• トップ
  • ニュース一覧
  • 【日本1-2コロンビア|採点&寸評】痛恨の逆転負けで軒並み厳しい評価に。及第点を上回ったのは鮮烈ヘッド弾の三笘と…

【日本1-2コロンビア|採点&寸評】痛恨の逆転負けで軒並み厳しい評価に。及第点を上回ったのは鮮烈ヘッド弾の三笘と…

カテゴリ:日本代表

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年03月28日

期待された堂安と久保も気合が空回り気味で…

【警告】日本=菅原(30分) コロンビア=マチャド(17分)、バロイェス(90+1分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】ラファエル・サントス・ボレ(コロンビア)

画像を見る

[キリンチャレンジカップ]日本 1-2 コロンビア/3月28日/ヨドコウ桜スタジアム

 3月28日、日本代表はキリンチャレンジカップでコロンビア代表と対戦。1-2で敗れた。
【PHOTO】日本代表のコロンビア戦出場17選手&監督の採点・寸評。先制弾の三笘は動き回って攻撃の中心に

 24日のウルグアイ代表戦では、1-1で引き分けた日本。コロンビア戦では、開始早々の3分に守田英正の右からのクロスに合わせた三笘薫がヘディングシュートを叩き込み、幸先よく先制ゴールを奪った。

 しかし、33分に一瞬の隙を突かれ、右サイドを抜け出したデイベル・マチャドのクロスをジョン・ハデル・ドゥランにダイレクトで決められ、同点ゴールを許す。

 さらに後半に入り、61分にラファエル・サントス・ボレにバイシクルシュートを突き刺されて逆転を許す。

 その後、日本は途中出場の上田綺世が決定機を迎えるなどコロンビアゴールを脅かしたが、得点は奪えず。試合は1-2で終了し、新生森保ジャパンの初勝利はお預けとなった。
 
▼日本代表のチーム採点「5」

 開始早々に三笘が先制ゴールを挙げるなど、序盤の出来はよかった。前線からのハイプレスも効果的で、守田と鎌田大地を中心にしたポゼッションも悪くはなかった。

 ただ、試合を決め切れず、息を吹き返した相手に同点ゴールを奪われて以降は、気落ちしたのかパフォーマンスが低下した。

 上田が決定機を決めきれず、期待された堂安律と久保建英も気合が空回り気味で、交代選手も機能しなかった。勝ちにこだわっていたはずがまさかの逆転負けを喫した。

 及第点を上回るのは三笘と守田のみで、選手には軒並み厳しい評価をせざるを得ない。

取材・文●江國森(サッカーダイジェストWeb編集部)

【キリンチャレンジカップPHOTO】日本1ー2コロンビア|三笘のゴールで先制もコロンビアに悔しい逆転負け…第二次森保ジャパン初勝利とはならず
 
【関連記事】
「GKがセーブするのは不可能」三笘薫の先制弾を相手国メディアが称賛!「まだ寝ているコロンビアディフェンスの…」
遠藤航がメモを持ったままプレー!珍光景にSNS沸騰!日本代表OB李忠成も「初めて見た。ピッチに持って入れるんだ」
「せっかく上田と久保並べてるのに…」コロンビアに逆転負けの森保Jにファン悲嘆「セットプレーから点取れるようになりたい」
「すごすぎだろ!」「惚れボレしちゃう」鎌田大地の同僚FWに衝撃オーバーヘッドで被弾…森保J、コロンビアに逆転を許す
「本当に結果しか出さないな!」先制弾は三笘薫! 注目ドリブラーのヘディング弾にファン大興奮!「フロンターレのラインだ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ