• トップ
  • ニュース一覧
  • 【採点寸評|横浜】西村はピッチを縦横無尽に走り2アシスト。渡辺は攻守に躍動[J1第2節 横浜2-0浦和]

【採点寸評|横浜】西村はピッチを縦横無尽に走り2アシスト。渡辺は攻守に躍動[J1第2節 横浜2-0浦和]

カテゴリ:Jリーグ

金子 徹(サッカーダイジェスト編集部)

2023年02月25日

先制点の場面ではチームの特長を発揮

【警告】横浜=なし 浦和=酒井(68分)、明本(81分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】西村拓真(横浜)

画像を見る

 2月25日にJ1第2節が各地で開催。日産スタジアムでは横浜F・マリノス対浦和レッズが行なわれ、横浜が2-0で勝利した。
【PHOTO】横浜の出場16選手&監督の採点・寸評。身体を張って粘り強く守った畠中。A・ロペスは常に駆け引きして攻撃の起点に
 横浜は18分、見事な連係からアンデルソン・ロペスがヘディングシュートをねじ込み、先制に成功。1点リードで迎えた後半は、攻勢を強めた浦和に攻め込まれる時間帯もあったが、粘り強く対応。そして89分にヤン・マテウスの追加点で勝負を決定づけた。

 横浜は開幕節も勝利しており、連勝を達成。敗れた浦和は今季初戦を落としており、連敗となった。
 
▼横浜のチーム採点「6.5」
 序盤こそ落ち着かない展開だったが、アンデルソン・ロペスや西村拓真らが前線でプレスをかけてコースを限定し、それに合わせて中盤と最終ラインも連動してスペースを消す。前半は浦和のブライアン・リンセンやダヴィド・モーベルグらに自由を与えず、18分の先制点も流れるようなパス回しで崩し、ハイプレス・ハイテンポの特長を上手く発揮できた。

 興梠慎三を投入して攻勢を強めた浦和に対し、後半は守備が後手に回る時間もあったが、粘り強く戦って失点を与えなかった点は自信につながるだろう。井上健太やヤン・マテウスらが攻撃を活性化させ、藤田譲瑠チマらが強度の高い守備で試合を締めるなど、交代出場した選手が好パフォーマンスを見せたのも収穫と言える。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●金子徹(サッカーダイジェスト編集部)
 
【関連記事】
「完璧な崩し」ホーム開幕戦で王者マリノスが先制! 見事な連係からA・ロペスのヘッド弾「左に右に、また左!」
「落ち着きがバグ」GKの動きを見切った横浜ヤン・マテウスの冷静フィニッシュにファン興奮!「隙を与えないトラップ」
「バケモンだ」衝撃のドリブル突破で3人抜き、鳥栖・樺山諒乃介の“メッシ級”スーパーゴールにファン驚愕!「一周回ってドン引き」
「ヒデさんの部屋をトントンして」20歳の大久保嘉人が取った中田英寿への行動に前園真聖が驚き!「勇気あるね」
「激しさが違う。リーガを過小評価するつもりはないが…」カゼミーロが語るプレミアの難しさ「スペインではティキ・タカが好まれる」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ