衝撃の結末! チュニジアがフランスを破る大番狂わせ! 後半ATのグリーズマン弾は取り消し【W杯D組】

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年12月01日

フランス代表は前節から先発を大幅に入れ替えて臨んだが…

エムバペ(10番)は途中出場も見せ場は作れず。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間11月30日、カタール・ワールドカップのグループD第3戦で、フランス代表対チュニジア代表が行なわれた。

 前回王者のフランスは、初戦のオーストラリア戦は4-1で完勝。続く第2戦のデンマーク戦も2-1で勝利を収め、今大会いち早くラウンド・オブ16進出を決めている。このチュニジア戦では、前節のスタメンからヴァランヌとチュアメニを除き、9人を入れ替えて臨んだ。

 一方のチュニジアはここまで勝点1で、決勝トーナメント進出のためには勝利が必要な状況。7割が自国ファンで埋め尽くされるスタジアムで、先手を取りかけたのはチュニジアだった。7分、FKにガンドリが右足で合わせてネットを揺らすが、オフサイドでゴールは取り消される。

 ただ、これで勢いに乗ったチュニジアが攻勢を強めるなか、フランスは守備に追われる時間帯が続く。カマヴィンガが配置された左サイドを度々突破されてゴール前まで攻め込まれるが、失点には至らず。両者ともに決め手を欠き、前半は0-0で終える。
【W杯PHOTO】ワールドクラスの美女サポーターずらり! スタジアムを華やかに彩る麗しきファン厳選ショット!
 迎えた後半、58分にチュニジアFWハズリが自ら持ち込み、DFをかわしながら左足で流し込み、均衡を破った。これはチュニジアにとって今大会初得点となる。

 追いかける立場になったフランスのデシャン監督は63分、エムバペ、ラビオ、サリバを投入。73分にもグリーズマンを送り込み、巻き返しを図る。

 ボールは回るようになるものの、チュニジアの運動量は落ちず、敵の堅守に苦しんだフランス。活路を見いだせないまま時間が過ぎ、79分にはデンベレも投入したが、ゴールネットを揺らすことができない。

 しかし、終盤は怒涛の攻勢を見せ、90+8分にグリーズマンがゴールネットを揺らす。

 だが、これがVAR介入、オンフィールドレビューの結果、オフサイドでノーゴールに。結果、1-0でチュニジアが勝利を収めた。

 敗れたフランスだが、得失点差でグループ首位を確定。一方今大会初勝利のチュニジアだが、1勝1分1敗の勝点4で3位となり、GS敗退が決定している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【W杯PHOTO】現地カタールで日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!

【W杯PHOTO】個性が出まくり! カタールに集結する各国サポーターの姿をチェック

【W杯PHOTO】まさにスタジアムの華! 現地入りしたワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!
【関連記事】
オーストラリアが16年ぶり決勝T進出! アジア勢で一番乗り、レッキーの決勝弾でデンマークを1-0撃破【W杯D組】
スペイン戦のスタメンは?|指揮官は鎌田と“心中”するか。「オドオドしている」相手GKを前田が強襲[識者の見解]【W杯】
日本代表のロッカールームは汚い!? コスタリカ戦後に拡散された“デマ”を海外メディアが検証【W杯】
「不意に激写されてもこの美しさ」長友佑都の妻・平愛梨さん、息子との観戦ショットが話題! 妹の女優・祐奈さんも反応【W杯】
「あまりにも非礼」「勝者の品格なし」涙のソン・フンミンに“自撮り要求”の敵スタッフを韓国メディアが猛批判! 阻止した元ガーナ代表には賛辞「勝敗を超えた美しい姿」【W杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ