• トップ
  • ニュース一覧
  • 「オイルマネーで釣ったんだ」アジアカップ2023の招致合戦で落選した韓国のメディアが恨み節!「63年ぶりだったのに…」

「オイルマネーで釣ったんだ」アジアカップ2023の招致合戦で落選した韓国のメディアが恨み節!「63年ぶりだったのに…」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年10月18日

開催地はW杯に続いてカタールに決定

2019年の前回大会、日本は決勝でカタールに敗れて準優勝。来夏開催のカタール大会でアジアの覇権奪還を狙う。(C)Getty Images

画像を見る

 現地10月17日、AFC(アジア・サッカー連盟)は理事会を開催し、2023年に行なわれるアジアカップの開催地がカタールに決定したと伝えた。

 当初開催地は2019年6月に中国に決まっていたが、新型コロナウイルスの国内情勢を鑑みて中国側は2022年5月に開催権を返上。AFCはあらためて候補国を募り、カタール、韓国、インドネシアの3国が名乗りを上げていた。そして今回、11月20日開幕のワールドカップに続いて、カタールがビッグトーナメントのホスト国に決定したのだ。

 前回2019年大会は西アジアのUAEで開催されており、今回は東アジアでの開催が前提とされていた。中国と韓国の一騎打ちになると目されたが、韓国は締め切り目前になって「2023女子ワールドカップ招致」との二足の草鞋が厳しいと判断し、エントリーを辞退。中国が自動的に開催権を得た流れがあった。

 あらためて1960年大会以来となる2度目のアジアカップ開催を目ざした韓国。かなり自信を深めていたようだが、短い準備期間で体制を整えるためには、やはりワールドカップの準備を進めてきたカタールがより開催地に最適と判断されたのだろう。
 

 しかしながら、韓国メディア『文化日報』は「韓国が招致に失敗した。韓国は63年ぶり、カタールは12年ぶりなのに……」と皮肉を込めて次のようにレポートした。

「カタールの壁は高かったということだ。ワールドカップの施設をそのまま使える利点があるのは確かだが、やはり、オイルマネーによる攻勢で理事会メンバーを釣り上げたのが大きいだろう。韓国は過去一度の開催のみ。かたやカタールは1988年、2011年に続く3度目である」

 本大会の出場24か国はすでに出揃っており、日本は韓国、カタール、イラン、サウジアラビア、オーストラリアとともにポット1入りが濃厚。大会は来年6月から7月にかけて開催される予定だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】韓国女子代表が誇るビーナス、イ・ミナの可憐な厳選フォトをチェック!

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!
【関連記事】
「日本はW杯に出ない方がいい!」元大宮の韓国レジェンドが森保Jの“死の組入り”に大はしゃぎ! 母国の抽選結果は「大当たりだ」
「韓日戦でなぜ燃えない!」日本に惨敗した韓国代表の“意外な変化”に母国メディアが危機感!「我々の優位性は消え去った」
「決勝に匹敵する対決だ!」カタールW杯ベスト8での日韓戦実現を韓国メディアが切望!「夢物語ではない」
「めちゃくちゃ可愛い!」「違和感なし」韓国女子代表の女神、イ・ミナが披露した“K-POPアイドル制服”姿に反響!
「久保建英とは対照的だ…」「虚しい孤軍奮闘」“韓国の至宝”イ・ガンインの悩める現状を母国メディアも憂慮

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ