【アメリカ戦速報】日本、鎌田のゴールで先制! 伊東や久保も躍動し、前半を1点リードで折り返す

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年09月23日

守田のお膳立てから鎌田が右足ショット

鎌田(15番)が先制弾をゲット。アメリカと対戦する日本が1点リードで前半を折り返す。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本代表は9月23日、キリンチャレンジカップ2022でアメリカ代表と対戦。試合はドイツのデュッセルドルフ・アレーナで、日本時間21時25分にキックオフされた。

 日本のスタメンは、GKは権田修一、4バックは右から酒井宏樹、吉田麻也、冨安健洋、中山雄太。ダブルボランチは遠藤航と守田英正、2列目は右から伊東純也、鎌田大地、久保建英、CFは前田大然というラインナップに。システムは4-2-3-1。

 開始1分、右サイドで相手のパスをカットした伊東がそのまま持ち込み、カットインから左足シュート。これはGKにキャッチされたが、日本は上々のスタートを切る。

 7分には左サイドを崩され、セルジーニョ・デストのクロスからヘスス・フェレイラにヘディングシュートを許す。だが、ボールは枠を捉えず。

 13分には久保の縦パスに鎌田が抜け出してGKと1対1に。ビッグチャンスだったが、鎌田のシュートは敵GKの好守に阻まれる。

 序盤はアメリカに攻め込まれる場面がある一方で、日本は自分たちのペースでボールを動かす時間帯もあり、両サイドから効果的なアタックを繰り出していく。

 23分には伊東のスルーパスに鎌田が反応。シュートは打ち切れなかったが、良い形でアメリカゴールに迫っていく。
 
 その直後、守田のパスをエリア内で受けた鎌田が右足ショットでネットを揺らす。一度はオフサイドの判定も、VARの介入で判定が覆り、日本のゴールとなる。

 32分には好位置で得た直接FKで久保が狙う。壁を巻いて良いコースに飛んだがGKにセーブされる。

 アメリカの反撃に対しては、日本は身体を張った守備で対抗しゴールを許さず。追加点こそ奪えなかったが、日本が1点リードで前半を折り返す。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】鎌田大地のダイレクトシュート弾で日本が先制!「ゴール認められてよかったー!」

【PHOTO】ブラジル、フランス、イングランドも刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!
 
【関連記事】
「やっぱりシュートうまい!」「マジ調子いいな」守田英正のボール奪取から鎌田大地の冷静フィニッシュ! 森保ジャパンの先制弾に反響
日本代表、アメリカ戦のスタメン発表! 冨安、久保、伊東らが先発、トップ下に鎌田を起用か
「予想外すぎた」アメリカ戦に臨む森保ジャパンの先発11人が発表! ファンから驚き&困惑の声も「左が久保?」
「まじでバケモン」仏代表エムバペ、カウンターを1人で完結させた超絶ドリブル弾にファン驚愕!「圧倒的な個」
「なぜ打たん!すごい発想」リヨンを翻弄したメッシの超絶フェイントに内田篤人&宮市亮が驚嘆!「うめぇ、楽しそう!」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ