• トップ
  • ニュース一覧
  • クラブと異なる4バックも「武器は変わらない」。U-19田中隼人がアジア杯予選に意欲「個人のアピールよりもチームの勝利を」

クラブと異なる4バックも「武器は変わらない」。U-19田中隼人がアジア杯予選に意欲「個人のアピールよりもチームの勝利を」

カテゴリ:日本代表

野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

2022年09月07日

中野、北野、山根らが良い刺激に

田中がトレーニングマッチ後に取材に応じた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 U-19日本代表は9月7日、流通経済大の1、2年生チームとトレーニングマッチ(45分×2本)を行い、1本目2-1、2本目2-0で合計4-1で勝利。U-20アジアカップ・ウズベキスタン2023予選に向けた国内合宿を終えた。

 練習試合後に、DF田中隼人(柏レイソル)が取材に応じた。柏のU-15、U-18を経て今季トップチームに昇格した俊英は、7月末にJリーグデビューし、すでに4試合で先発フル出場している。

 トレーニングマッチでは、2本目に4バックの左CBでキャプテンマークを巻いて登場。得意の左足のフィードやくさび、安定した守備を披露し、チームに貢献した。自身のできについて「自分のパスが攻撃の起点になった。武器を出せて、無失点だった」と満足げに振り返った。
 
 今回チームメイトとなる中野伸哉(サガン鳥栖)や北野颯太(セレッソ大阪)、山根陸(横浜F・マリノス)らに対して「J1の試合に出ていて刺激になっている。負けられない。競争意識を持ちながら臨んでいる」という田中。左足のキックに加え、「最近は球際、空中戦も武器になっている」と自信を掴んでいる様子だ。

 柏では3バックで、今回とシステムが異なる点については「守備では、3バックは役割がはっきりしていて、4バックはサイドバックやボランチとの連係が必要だが、頭を切り替えている」とコメント。「3バックにはないサイドハーフへの直接パスが出せる。武器は変わらない」と苦にはしていないようだ。

 今予選は、U-20ワールドカップのアジア1次予選を兼ねている。日本はグループCに入り、12日のラオス戦から、中1日でグアム、パレスチナ、イエメンと対戦する。厳しい試合日程となるが、「総力戦になる。まずは予選突破。個人のアピールよりもチームの勝利を優先したい」「カウンター対応をセンターバックを中心に声を出してしっかりしたい」と意気込んだ。

取材・文●野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

【画像】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!
 
【関連記事】
「可愛さの破壊力すげぇ」「セクシー」なでしこ岩渕真奈が眩いビキニ姿を披露! 熊谷紗希とバカンスを楽しむ様子が反響
「黒髪で別人みたい」丸山桂里奈が大胆披露した“残暑お見舞いビキニ”姿に反響!「色っぽい!」
「どかわいい」元なでしこ川澄奈穂美の“変貌”をファン絶賛!「うわー!めっちゃ似合う!」
「シュートはやすぎ」怪物エムバペ、ユーベを粉砕した圧巻ダイレクト弾2発にファン驚愕!「決定力バケモン」
「タケが“シルバ役”をできると証明」先発直訴も…トップ下で途中出場の久保建英をソシエダ番記者が賞賛!「サーカスのような超絶技巧」も披露【現地発】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ