“控え4人”緊急事態の福岡がジョン・マリ&ルキアン弾で2-1勝利!敗れた神戸は終了間際に大迫が一矢報いる【ルヴァン杯準々決勝・第1戦】

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年08月03日

福岡は終了間際にGK山ノ井をセンターフォワードで投入

ルキアンの狙いすましたコントロールショットが決勝点に。写真:徳原隆元

画像を見る

 Jリーグは8月3日、ルヴァンカップ準々決勝・第1戦の4試合を各地で開催。ノエビアスタジアム神戸ではヴィッセル神戸対アビスパ福岡が行なわれ、2-1で福岡が勝利した。

 試合序盤は神戸がボール保持で上回り、左サイドの佐々木大樹が積極的に相手DFの背後を狙っていく。対する福岡は、ブロックを構築して守り、前線の外国人3選手のフアンマ・デルガド、ルキアン、7月に復帰したジョン・マリを中心に攻撃を仕掛ける。

 神戸が優勢に試合を進めるなか、先制したのは福岡。44分にGK村上昌謙のゴールキックをフアンマが頭で落とすと、浮き球をジョン・マリがヘッドでコントロールし、そのまま右足を振り抜いて豪快なミドルシュートを叩き込んだ。チーム初シュートで得点を奪った福岡が、1点リードで試合を折り返す。
 
 後半に入り、福岡が追加点を奪う。58分に自陣からのFKを起点に、最後はルキアンが右足でコントロールシュートを放ち、ゴール右に決めた。

 神戸は2失点目の直後に、一時帰国からの復帰戦となったアンドレス・イニエスタと大迫勇也を投入。77分に飯野七聖のクロスから大迫、81分には小林祐希のクロスからイニエスタが決定機を迎えたが決め切れず。それでも90+9分、飯野のクロスから大迫がヘディングシュートを決めて1点を返す。ただ、これがラストプレーとなり、福岡がリードを守り切った。

 新型コロナの陽性者が出た影響で控えメンバーはGK2名とフィールドプレイヤー2名のみだった福岡は、終盤にGK登録の山ノ井拓己をセンターフォワードで投入するなど、まさに総力戦で白星を掴んだ。

 第2戦の福岡対神戸は8月10日、ベスト電器スタジアムで19時にキックオフ予定だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】激しい雨の中、最後まで休まず応援を続けた湘南&福岡サポーター

【PHOTO】ノエスタに駆けつけたヴィッセル神戸サポーターを特集!

【PHOTO】6年ぶりのJリーグ復帰!柏戦で早速出場し存在感を放った小林祐希!
【関連記事】
「一体何が起こったんだ!?」福岡ジョン・マリが驚愕のワンタッチスーパーゴール!「バケモンすぎる」など反響
福岡“GK”山ノ井拓己がセンターフォワードでピッチに! 果敢なハイプレスなどクローザー役として奮闘
「今日勝ったら泣く…」福岡がルヴァン杯で緊急事態! 控えメンバー4人のうちGK2名にファンは「まずは乗り越えよう!」
「日本人にはあまり見られない」ソシエダ番記者が評価した久保建英の“姿勢”とは? 一方で課題も指摘「避けては通れない」【現地発】
「最高に美し過ぎます」長野L・三谷沙也加の浴衣姿に反響!「むっちゃステキ!!可愛い過ぎ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022 Jリーグ総決算!
    11月26日発売
    2022 J.LEAGUE
    総集編
    J全58クラブの
    1年間の激闘を収録!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 森保ジャパン、躍動!
    12月8日発売
    日本代表・激闘録
    切り開いた“新時代”
    恒例のJ移籍特集に
    欧州組カレンダーも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.37
    12月6日発売
    冬の決定版!
    高校サッカー
    選手権名鑑
    出場全48校&選手を徹底網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ