鹿島が外国籍選手への“侮辱的と解釈されかねない発言”を認める。当該選手には厳重注意

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年04月06日

両クラブ間で侮辱的な発言は容認しないことを確認

鹿島が清水戦における出場選手およびクラブスタッフの発言について声明を出した。

画像を見る

 鹿島アントラーズが4月5日、同2日に行なわれたJ1第6節・清水エスパルス戦における出場選手およびクラブスタッフの発言について声明を出した。

 清水戦で鹿島所属選手の発言が問題視され、クラブスタッフがその発言を容認するようなコメントがあったことについて、両クラブ間で事実確認のための調査を実施。両クラブの選手ならびにチームスタッフへのヒアリングの結果を伝えている。

「弊クラブ所属選手から清水所属の外国籍選手に対して侮辱的と解釈されかねない発言があった一方、一部報道を受けてインターネット上で推測されていたような差別的な言動はなかったことが確認されました。この事実を受けて、弊クラブでは当該選手に厳重注意を行い、自身の言動に責任を持つことの重要性を改めて伝えました。その後、両クラブ間で侮辱的な発言は容認しないことを確認したうえで、今後も相手へのリスペクトとフェアプレー精神を大切にしていく姿勢を共有しております」

 また、清水所属選手からの指摘で、クラブスタッフが当該選手の発言を容認するようなコメントがあったことについては、「解釈の齟齬から生じたものであり、当該発言を容認するものではなかったと確認されております」とのことだ。
 
 クラブは「相手への敬意を欠いた行為が再発しないよう、所属選手らへの指導を徹底し、試合における事案については、今後も対戦クラブを含めた関係各所と連携しながら適切に対応していきます」と今後への指針を示す。

 同日に小泉文明代表取締役社長は自身のツイッターを更新。「今後このようなことが起きないようにクラブとしても改めて選手、スタッフ全員に注意喚起と指導をしてまいります」と綴った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「これがあいつらの言う軍事施設か?」ウクライナの強豪シャフタールの練習場にミサイル2発が着弾。穴が空いたピッチに怒りの声「ロシア軍のケダモノめ」
ウクライナの25歳FWが遺体で見つかる。「ロシア兵に処刑される前に拷問を受けた」と現地報道
「エグい、神が降りてきた」バルサの天才MFが決めた華麗な2連続フェイント→弾丸ミドルに衝撃!「W杯で対戦するの恐ろしい」
「プーチンよ、お前はクソ野郎だ」ウクライナのエースが故郷を破壊したロシア軍に激怒「絶対に許さない」
「次元が違う、アホちゃうか」本田圭佑、ロシア侵攻問題への批判に反論「まともな議論ができる人がこれほど少ないとは」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ