「久々にW杯らしいチームに」「予選当初はバラバラだったが…」西紙が森保Jを分析!注目選手に挙げた“日本の守備の保険”は?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年04月02日

「日本のダイナミズムはいつも見ていて楽しい」

日本は“死の組”を突破できるか。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 カタール・ワールドカップ(W杯)のグループステージ組み合わせ抽選会が、現地時間4月1日にカタールのドーハで行なわれた。日本はグループEに入り、ドイツ(第1戦)、スペイン(第3戦)、コスタリカとニュージーランドで争われる大陸間プレーオフ勝者(第2戦)と相まみえることとなった。

 スペイン紙の『MARCA』は、現時点で出場が決まっている29チームを分析しており、グループステージで同居した日本については、「久々にワールドカップらしいチームとなった」と記している。

「1998年のフランス大会以来、ワールドカップを逃しておらず、カタール大会では7大会連続で出場することになる。予選当初はバラバラだったが、森保一監督を中心とした見事なファイナルスプリントで突破した。

 南野拓実(リバプール)、久保建英(マジョルカ)、冨安健洋(アーセナル)、遠藤航(シュツットガルト)、古橋亨梧(セルティック)。彼らはヨーロッパで経験を積み、それを代表チームに持ち込んでいる。日本のダイナミズムはいつも見ていて楽しい。気をつけよう」
【PHOTO】日本はスペイン・ドイツと同組!カカ、ピルロらレジェンドが集結したカタール・ワールドカップ抽選会の厳選ショットを紹介!
「EL CRACK」と題した注目選手には、冨安をピックアップ。「アーセナルのDFは、その身体能力で、センターバックとサイドバックバックの両方でプレーできる多才さが魅力だ。日本代表の守備の保険」と称賛した。

 森保ジャパンは、優勝経験も持つ欧州の強豪と互角に渡り合い、目標に掲げるベスト8以上を実現できるか。なお、『MARCA』は自国のDF、MF、FWを5段階評価で、3.5、4.5、4としているのに対し、ドイツは3.5、4、4、日本は3、3、2.5と見ている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】日本が「死の組」に!カタールW杯グループステージの組分けをチェック

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
【関連記事】
「ドイツは安堵のため息をつく」独大手紙、日本代表は眼中になし? 16強入りを確信「最初の壁は準々決勝だ」
「8分の1の確率で幸運が微笑んだ」スペインの名物記者が日本と同居に歓喜!「ワンランク下だ」
「日本は質が高い」ドイツ代表指揮官がW杯で対戦する森保ジャパンを警戒!「彼らと親善試合がしたかったのだが…」
【W杯】“死の組”は日本が入ったE組!メッシとレバンドフスキが激突するC組、ポルトガル、ウルグアイ、韓国が同居のH組も注目!
「どっちが上司かわからん」久保建英へのアギーレ新監督の“日本風挨拶”が反響!「お辞儀できるのすごい。なんか可愛い」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ