【日本代表】国内組活動後の隔離期間が6日間に短縮。反町技術委員長が説明「感謝してもしきれない」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年01月17日

「6日間で普通にほかの選手と同じ活動ができる」

反町技術委員長が国内組の隔離期間が短縮されたことを報告した。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本サッカー協会の反町康治技術委員長が1月17日、オンライン上で取材に応じ、ワールドカップ・アジア最終予選後の国内組の隔離措置について、6日に短縮されたことを報告した。

 日本代表は今月下旬から2月にかけて、W杯・アジア最終予選などの代表活動を実施。そこに招集された国内組で、1月27日の中国戦と2月1日のサウジアラビア戦のいずれかに出場した選手は、代表活動後に14日間の政府による隔離措置が義務付けられ、所属クラブに戻ることができないという問題について、これまで改善を求める声が多く上がっていた。

 この問題について反町技術委員長は、これまで14日間とされていた隔離期間が、6日間に短縮されたことを報告した。

「難しい状況の中で政府には、中国戦とサウジアラビア戦の2試合を開催できる形にしていただいて感謝申し上げます。その後の隔離は、当初2週間という話をいただいて、クラブにとっても我々にとっても難しい措置という認識があった。しかしその後、蔓延しているオミクロン株の特徴などが見えてきて、政府としても隔離期間や濃厚接触者の考え方が整理されてきて、我々に対する措置も見直されたと認識している。関係部署には感謝してもしきれない」
 
 国内組の選手には、今回の代表活動終了後、2月2日から6日間の隔離措置を実施。隔離は7日に終了し、検査で陰性が確認でき次第、各所属クラブへ合流することができるという。

 また、反町技術委員長はクラブ合流後について、「クラブに戻ってから、これまでは個人バブルを作ることをやってきたが、今回は6日間のみで普通にほかの選手と同じ活動ができる」と説明している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「普通にエグい補強」「熱すぎる!」元名古屋10番ガブリエル・シャビエルの札幌加入に反響続々!
「オリジナル感がすごい!」J3八戸の22年新ユニホームは「古風な感じがあっていいね」
「見た瞬間吹き出した」湘南・瀬川祐輔のやる気みなぎるポージングに脚光!「クラスに絶対1人はいる」
「こんなFKはメッシのよう」久保建英の鮮烈ゴラッソをアルゼンチン人記者が絶賛! 独メディアは「夢のようなキック」
「忘れられた元アーセナルの18人」に日本人2選手が選出「オランダではリョウジーニョと…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ