「シンプルでいいね!」浦和、10年ぶりの襟付き新ユニホームに絶賛の声続々!「ポロシャツみたい」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年01月12日

「これはこれでカッコいい」

浦和の2022年の新ユニホーム。10年ぶりに襟付きが採用された。(C) NIKE

画像を見る

 ナイキは1月12日、浦和レッズの2022シーズン新ユニホームを発表した。

 ホームユニホームは、2012年以来10年ぶりとなる襟付きのシルエットを採用。クラブ創設30周年を迎える浦和の伝統の赤を継承したシンプルでクラッシックなデザインで、クラブのアイデンティティーをストレートに表現している。襟付きのフォーマルなデザインながら、赤と白のツートーンカラーを採用し、遊び心を持ったカジュアルな要素も兼ね備えた仕上がりに。また首裏の内側部分には、チームの誇りである「We are REDS!」をデザイン。30周年を記念し、月桂樹を用いた特別仕様となっている。
 
 白を基調としたアウェーユニホームにも、ホームユニホームと同様に、スマートかつエレガントな襟付きシルエットを採用。また、チームのエンブレムに使用されている赤・白・黒の3色のストライプからインスピレーションを得て、白と同系色のライトグレーを縦のストライプで表現し、クリーンでシンプルなデザインに仕上げている。

 酒井宏樹は新ユニホームについて、「これを着てピッチに立つのを楽しみにしています」とコメント。ファンからもSNS上で、「新ユニええやん」「かわいい」「ポロシャツみたい。これはこれでカッコいい」「シンプルでいいね」といった絶賛の声が多数寄せられている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】浦和レッズの歴代ユニが一目でわかる!「年度別集合写真」を一挙紹介!
 
【関連記事】
【浦和レッズ】ロドリゲス体制2年目の背番号を発表。新加入の岩尾が「19番」、モーベルグが「10番」。小泉は「8番」、阿部の「22番」は…
「We are REDS!を聞けなかったことは心残り」浦和が西大伍の契約満了を発表。「悲しすぎる」「辛い」の声も
「大補強じゃないか!」「やばすぎる!」アルゼンチン人MFレアンドロ・デサバトの仙台加入に反響続々!
「サポートしたい」中村憲剛がチャナティップ加入への想いを告白! “憧れの人”からの言葉に本人も感謝「会えた事は光栄」
三笘薫の市場価値が急上昇! 日本人ベルギー勢が軒並みダウンのなか、もう一人アップしたのは? 伊東純也ではなく…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ