釜本邦茂氏が、小学生を熱血指導! 「KAMAMOTO Football Festival in 静岡」レポート

カテゴリ:特集

2021年12月02日

11月7日(日)、磐田東高校にて開催。

1968年メキシコ五輪の得点王の釜本邦茂氏。いまも精力的に全国を周り指導を続けている。写真●滝川敏之

画像を見る

 株式会社スリーボンド主催の「KAMAMOTO Football Festival」は、同社の社会・地域貢献活動の一環として行なわれているサッカー教室で、釜本邦茂さんと一緒に年3回のペースで全国各地を回っている。

 今年2度目の開催地となったのは静岡県磐田市。他の地域に比べると女の子の参加が多かったのは、さすがは日本の“サッカーどころ”といったところか。小雨や寒さも心配されていたが、すばらしいサッカー日和となり、集まった100名の子どもたちの大半が半袖だった。

 開会式が終わると、すぐに釜本さんによるサッカー教室がスタート。ボールを使ったストレッチからドリブル、パスなどの基礎練習を行なって身体をほぐすと、マイクを特別講師の福西崇史さんに渡して、より実践的なメニューへ。釜本さん直伝のキック講座があったり、イベントをサポートしてくれた女子サッカーの名門、磐田東高校の選手たちとドリブル競争があったりと、盛りだくさんの内容だった。

 後半のミニゲームに入っても、子どもたちのエネルギーは落ちることなく元気いっぱい。やはり高学年はレベルが高かった。最後は学年ごとにリフティング大会が行なわれ、優勝者が表彰された。彼らを中心に講師やスタッフも混じって実施された、磐田東高校チームとのエキシビジョンマッチもおおいに盛り上がった。

 サッカー少年少女を応援したい、という思いのつまった「KAMAMOTO Football Festival」は、およそ4時間、楽しさ満載のイベントになったが、その中でも上達、成長のためのヒントはたくさんあった。また、新たなモチベーションを感じた子もいただろう。それぞれが成長して、これからも“サッカーどころ”静岡の意地と力を全国に見せつけてほしい。
 

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ