「非常に腹立たしい」痛恨ドローのマドリー、PK判定を巡ってジダンが激怒!「ルールを説明すべきだ」

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年05月10日

後半アディショナルタイムに追い付いたものの…

PKを巡る判定で不満をぶちまけたジダン監督。(C)Getty Images

画像を見る

 アディショナルタイムのゴールで、敗戦は免れた。だが、勝てば首位アトレティコ・マドリーと並んでいただけに、レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督はフラストレーションを感じているようだ。

 5月9日のラ・リーガ第35節、マドリーはホームでセビージャと2-2で引き分けた。2度にわたってビハインドを背負いながら追いつき、1ポイントを獲得。だが、2ポイント差のアトレティコに追いつくことはできなかった。

 ジダンが納得していないのは、1-1のタイスコアで迎えた74分のジャッジだ。セビージャのCKを防いだマドリーがカウンターを発動し、カリム・ベンゼマが倒されてPKを獲得した。だが、CKの場面でエデル・ミリトンのハンドがあったとし、ビデオアシスタントレフェリー(VAR)の介入で判定が変更。セビージャのPKとなり、マドリーは勝ち越しを許すことになった。

 マドリーは53分にCKでセビージャ側のハンドを訴えたが、VAR介入のうえで審判団はノーファウルと判定。マドリーにPKは与えられなかった。ジダンは、セビージャのPKになったミリトンのハンドとの違いが納得できないようだ。

【動画】PKは妥当? ジダンが激怒したシーンはこちら(4分24秒~)
 米スポーツチャンネル『ESPN』によると、ジダンは試合後に『Movistar』で「非常に怒っている。ハンドのルールを説明すべきだ」と、怒りをうかがわせている。

「審判と話し、説明を求めた。彼は、ミリトンのハンドだと言ったよ。だが、もう片方は違ったとね…。審判団のことを話すのは好きじゃない。だが、今日は気分が良くないね」

 ジダンは「ボックス内でハンドがあれば、どちらに対してもPKにするものだ」と続けた。

「試合はもう終わったが、きょうは腹立たしい。まったく理解できない。ミリトンがハンドなら、セビージャもハンドだ。(主審の説明に)納得していない。話し合うことはできても、はっきりしない。腹立たしい。セビージャとマドリーの双方のハンドで、彼は片方だけPKにした。それが現実だ」

 マルコ・アセンシオも「ミリトンはボールを見ていなかった」と不満を表した。

「彼が意図せずにボールが腕に触れた。苛立つよ。試合の行方だけじゃなく、リーグ優勝の可能性も変わってしまうからね」

 マドリーは残り3試合でグラナダ、アスレティック・ビルバオ、ビジャレアルと対戦する。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【画像】辛辣批判!敗戦後にアザールが敵選手と爆笑するシーン

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ