ミランでの復調は本物か――本田圭佑を「フィジカル」的側面から検証

カテゴリ:ワールド

澤山大輔

2014年10月03日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動きの質自体は向上しているが――。

開幕5試合で3ゴールと好スタートを切った本田。復調は本物か、身体的観点から考察した。 (C) Alberto LINGRIA

画像を見る

 ミランで劇的とも言える復調を遂げ、ハビエル・アギーレ監督を迎えた日本代表でも引き続き活躍が期待される本田圭佑選手について、身体的な観点から分析を試みます。
 
 本田選手は現在ゴール、アシストともに結果を残しています。ブラジル・ワールドカップ前後の状態から、目ざましい回復と言えるでしょう。ただ、あくまで身体の動きを分析する限り、結果を残しているにもかかわらず、本田選手の身体が好調である感じは受けません。
 
「初速が速くなった」という評価が多いようですが、個人的にはそのようにも感じません。ワールドカップ時の最悪期は脱し、動きの質自体は向上していると思いますが、「初速が速くなった」と見える要因はどちらかといえば、「判断力が高まった」ことによるものではないでしょうか。以下、なぜそう考えるかの根拠を説明させていただきます。
 
 まず、ミランで好調を保っている現在(2014年9月~)のプレースタイルについて。VVV時代(08年頃)のような身体のキレがなくなり、それを判断力の向上で補っているという印象を受けます。本田選手は体幹がアップライト(直立)に保たれている分、非常に視野が広く、味方および相手の動きもよく見えています。
 
 特に、味方が作ったスペースに入っていったり、相手の隙を突いて裏を取ったり、といったプレーが目立ちます。こうした「どこに走るか」という判断力は、最悪の時期と比べれば明らかに向上しています。判断力が向上したことで動き出しが速くなり、良いポジションが取れ、シュートを打つところまで結びついているのだと思います。
 
 ただ、時系列で見ていくと、本田選手は身体的にはやはりキレを失っていると考えられます。少し時間を戻して、VVV時代のプレーを思い起こしてください。当時の映像を見てみると、左右前後への切り返しやドリブル、フェイントなどに非常にキレがあり、狭いスペースでも相手をかわしていくプレーができていました。ダブルタッチをした後に、トップスピードに乗るのも速い選手でしたね。また、中盤で相手が密集している場面でのボールキープにも長けていました。
 
 しかし現在は、こうしたプレーができなくなっているようです。それは、まず右膝に問題があるせいでしょう。左利きですから左足でボールを扱うことが多く、必然的に右足を軸にすることが多くなります。軸足を使う際に、軽い動きならいいのですが、フェイントでかわすなどの動作には瞬発的な動きが要求されます。特に、体幹をブレさせないために股関節の内旋(内側にねじる)の動きが強く求められるのですが、本田選手は右の膝が内側に入ってしまっています。
 
 股関節が内旋することによって膝下の下腿が外側に向く、この状態を『ニーイン・トーアウト』と呼びます。この状態は、右膝に対して様々な負傷を引き起こす原因となります。本田選手が右膝を痛めた大きな原因は、この『ニーイン・トーアウト』のクセにあるのではないでしょうか。現在は踏ん張りが効かず、シュートにせよスルーパスにせよ、以前ほど強いボールを蹴れなくなっているように思います。踏ん張りが効かなければ、当然ながらボールキープ力も低下してしまいます。
 
 右膝に負荷がかかる要因はまだあります。本田選手は背骨の柔軟性が低く、特に側屈・回旋の要素が固くなっているようです。つまり、背骨の柔軟性が低い分、『代償動作』(ある動作が困難な時に別の動作、あるいは別の筋肉で補う動作)として右膝に負担がかかっている印象を受けます。
 
 それから、トラップの精度を欠くシーンも以前より多い印象を受けます。本田選手は11年8月に右膝半月板を損傷し、13年2月に左足首を負傷しています。シュートに限らずパス、トラップの際には足首の柔軟性が要求されますが、昨年8月の時点で本田選手は「左足首にテーピングをしている」という記事が出ています。ひょっとすると、現在も同様にテーピングをしているのかもしれませんね。テーピングをすれば足首の柔軟性はなくなり、プレーの正確性に影響が出ます。

Facebookでコメント

201712070942_1.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 川崎フロンターレ J1優勝記念号
    12月7日発売
    完全保存版
    フロンターレ悲願の初タイトル!
    J1リーグ優勝記念号
    特製ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 浦和レッズ ACL優勝記念号
    11月30日発売
    完全保存版
    アジア・チャンピオンズリーグ
    浦和レッズ 優勝記念号
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月14日号
    11月22日発売
    J先取り移籍マーケット
    注目株30人の去就大予測
    クラブダイジェストは湘南!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 2018ロシアW杯 展望&ガイド
    12月6日発売
    組み分け決定!!
    出場32か国 選手名鑑
    世界各国の記者が徹底解析
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月7日発売
    2018年移籍マーケット
    大物・若手の動向徹底調査
    あの噂の本当のところ
    ワールドスターカレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.22
    12月9日発売
    冬の決定版!
    高校選手権名鑑
    全48チーム完全ガイド
    女子選手権も網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24