Pick Up!

【仙台】過去最多7失点…。歴史的大敗後、サポーターが見せたまさかの行動とは?

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2017年04月08日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

試合後、仙台の選手がサポーターのもとへあいさつに来ると——。

スコアは7-0…。仙台が歴史的大敗を喫した。写真:サッカーダイジェスト写真部

[J1・6節]浦和レッズ 7-0 ベガルタ仙台/4月7日/埼玉スタジアム
 
 仙台が浦和にクラブ史上最多の7失点を喫した。7点差をつけられての大敗も初めて。
 
 これまでの最多失点は、J1では02年8節・G大阪戦での0-6、03年第ステージ8節・浦和戦での2-6。J2では00年31節・湘南戦での2-6だった。
 
 歴史的大敗となった。興梠の驚くような跳躍からのジャンプヘッド、元仙台の武藤の魂のこもったスーパーミドル……。いずれも質が高く、精神的にも大きなダメージを受けるゴールを次々と決められていった。
 
 決して手を抜いているわけではない。仙台の選手それぞれが全力でプレーしているものの、連動性を欠いて噛み合わない。その統制を取れずにいるところを、ことごとく3バックとコンビネーションの質に一日の長がある浦和に攻略されていった。
 
 それでもゴール裏の限られたスペースを山吹色に染めた仙台サポーターは、懸命に声援を送り続けた。他クラブであれば、大量失点を食らう不甲斐ない選手に対し、応援するのを止めるサポーターグループもある。しかし試合終了まで、その熱い仙台らしいサポートは変わらなかった。
 
 そして試合後、仙台の選手たちがサポーターのもとへあいさつに来た。果たして、サポーターはどのようは反応をするのか? 歴史的惨敗を喫したとあって、心温かい仙台サポーターの堪忍袋の緒も切れるのではないか。そんなことを思って、観ていると——。
 

【関連記事】
【ACL採点&寸評】浦和×上海上港|「中国最強軍団」一蹴。PK2本阻止の西川がMOM! R・シルバ、宇賀神らも高評価!!
【浦和】上海上港を完封した西川周作がシュークリームを大事に持って現われた理由は?
【J1採点&寸評】浦和×仙台|衝撃の「7-0」。ハットトリックの興梠に8.5、驚愕弾の武藤に…
【浦和】森脇がバースデー・ブーイングよりも嬉しかったサポーターからの予想外(?)の反応
【中村俊輔に直撃!③】今でも付けているサッカーノート。最近書いた内容は…
【広島】すべての人の想いを乗せた“魂のゴール”。エース工藤は初勝利に何を思う?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月13日号
    3月16日発売
    2017年版J1&J2戦術ガイド
    攻守のメカニズムを徹底分析
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェストNo.482
    4月20日発売
    移籍マーケットのからくり
    複雑怪奇な世界を解き明かす
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2017年 J1&J2&J3選手名鑑
    2月8日発売
    サッカーダイジェスト責任編集
    NSK MOOK
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.19
    1月13日発売
    第95回全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月9日発売
    2016-2017 EUROPE SOCCER TODAY 詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24