「有言実行の2ゴール」青森山田の鳴海彰人が見せたエースの決定力とプライド

カテゴリ:高校・ユース・その他

白鳥大知(サッカーダイジェストWEB)

2017年01月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつものように大声でボールを要求して。

ストラカンFF戦で2ゴールを挙げた鳴海。日本で夏冬得点王に輝いたストライカーが、イングランドでも決定力の高さを見せ付けた。写真:ナイキ

画像を見る

26分、ゴールまでうまくフリーになってヘディングシュートを叩き込んだ。写真:ナイキ

画像を見る

「2点取ります」
 
 前日に語った自らの言葉を裏切らない見事な2ゴールだった。
 
 JFAとナイキの全面協力を受けて、1月16日からイングランド遠征中の青森山田高校が現地時間20日、中村俊輔のセルティック時代の恩師ゴードン・ストラカン(現スコットランド代表監督)が運営するストラカン・フットボール・ファンデーションと対戦。高円宮杯U-18プレミアリーグと全国高校選手権の二冠を達成した日本ユース最強軍団は、ユース代表選手やプロフットボーラーも輩出している名門アカデミーを4-0で一蹴した。
 
 この一戦で1点目と2点目を挙げたのが、エースの鳴海彰人(3年)だ。2日前のプロ養成機関『ナイキアカデミー』との一戦ではノーゴール(0-0のドロー)に終わり、リベンジに燃えていたストライカーは、「いつも俺にボールをくれれば点を取ってやるって気持ちで声を出しています」と語った通り相変わらず序盤から大声でボールを要求。6分にチームのファーストシュートを撃てば、16分には惜しい直接FKを放った。
 
 そして、26分だった。連携から右サイドに流れた佐々木快(3年)のクロスを、ヘディングで押し込んで先制ゴールを奪う。本人が「相手は細かい動きに対応できない感じだったので、うまくニアからファーに流れればフリーになれると思っていて、その通りに動けました」と振り返った通り、動き出しの質の高さがもたらした得点だった。
 
 その後も32分と34分に惜しい一撃を放てば、51分には2点目をゲット。細かい連携で相手ディフェンスラインを崩し、最後には振り向きざまに右足を振り抜いてゴールネットを揺らした。これは「みんなで良い崩しができていて、最後はノールック気味に感覚で振り抜いて上手くいきました」と回顧する。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月25日号
    1月11日発売
    J1&J2全40クラブの
    補強達成度&移籍相関図
    セレッソ優勝ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月18日発売
    創刊500号記念
    MESSIとRONALDOの10年
    最高峰に君臨しつづける
    2大クラックのライバル史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24