ワールド Photo新着

  • アーリング・ハーランド(ノルウェー代表FW)/ドルトムント→マンチェスター・C|(C)Getty Images
  • サディオ・マネ(セネガル代表FW)/リバプール→バイエルン|(C)Getty Images
  • ロメル・ルカク(ベルギー代表FW)/チェルシー→インテル|(C)Getty Images
  • リシャルリソン(ブラジル代表FW)/エバートン→トッテナム|(C)Getty Images
  • 二クラス・ジューレ(ドイツ代表DF)/バイエルン→ドルトムント|(C)Getty Images
  • 1986年受賞|イゴール・ベラノフ(ソ連/FW)|主な所属クラブ:ディナモ・キエフ、ボルシアMG|元ソ連代表FW。バロンドール受賞者の中で最も地味な選手と言われている。86年のメキシコW杯と欧州カップ戦以降、目立った活躍がなかったことが理由。 (C) Getty Images
  • 1987年受賞|ルート・フリット(オランダ/FW)|主な所属クラブ:フェイエノールト、ミラン|ドレッドロックヘアを振り乱しながら、華麗なテクニックと優れた身体能力でチャンスとゴールを量産した褐色のスーパースター。87年に約12億円という当時の世界最高額となる移籍金でミランへ移籍すると、後に長く続いていく黄金時代を支える。 (C) Getty Images
  • 1988、89、92年受賞|マルコ・ファン・バステン(オランダ/FW)|主な所属クラブ:アヤックス、ミラン|恵まれた身体能力、高い技術、そして鋭い得点嗅覚を活かし、あらゆるシチュエーションでゴールを量産した稀代のストライカー。アヤックスでは4年連続で得点王に輝くという離れ業を成し遂げたミラン黄金期の象徴的存在。 (C) Getty Images
  • 1990年受賞|ローター・マテウス(ドイツ/MF)|主な所属クラブ:ボルシアMG、バイエルン、インテル|中盤のあらゆる位置でプレーし、キャリアの晩年はリベロとして活躍。ドイツ代表(西ドイツ代表時代を含む)では20年間で150試合出場という金字塔を打ち立てた。もちろん同国の最多キャップ数で、W杯には82年大会から5回連続で出場した、まさに鉄人だ。 (C) Getty Images
  • 1991年受賞|ジャン=ピエール・パパン(フランス/FW)|主な所属クラブ:マルセイユ、ミラン、バイエルン|フランスサッカー史上最も優れたストライカーのひとりで、「高性能爆撃機」の異名を持つ。ボールを受けると迷うことなくシュートを放ち、マルセイユでは5年連続で得点王を獲得。 (C) Getty Images
  • セービングするペレ。写真提供:ペレ
  • 実はGKも得意だったペレ。写真提供:ペレ
  • GKとして出場した試合も。写真提供:ペレ
  • 一家での食事。写真提供:ペレ
  • 通算1000ゴール達成時のPK。写真提供:ペレ
  • 【PHOTO】旗手怜央/セルティック|写真:Getty Images
  • 【PHOTO】旗手怜央/セルティック|写真:Getty Images
  • 【PHOTO】旗手怜央/セルティック|写真:Getty Images
  • 【PHOTO】旗手怜央/セルティック|写真:Getty Images
  • 【PHOTO】旗手怜央/セルティック|写真:Getty Images
  • 【PHOTO】前田大然/セルティック|写真:Getty Images
  • 【PHOTO】前田大然/セルティック|写真:Getty Images
  • 【PHOTO】前田大然/セルティック|写真:Getty Images
  • 【PHOTO】前田大然/セルティック|写真:Getty Images
  • 【PHOTO】前田大然/セルティック|写真:Getty Images
  • 【PHOTO】古橋亨梧/セルティック|(C)Getty Images
  • 【PHOTO】古橋亨梧/セルティック|(C)Getty Images
  • 【PHOTO】古橋亨梧/セルティック|(C)Getty Images
  • 【PHOTO】古橋亨梧/セルティック|(C)Getty Images
  • 【PHOTO】古橋亨梧/セルティック|(C)Getty Images
  • 【PHOTO】冨安健洋/アーセナル|(C)Getty Images
  • 【PHOTO】冨安健洋/アーセナル|(C)Getty Images
  • 【PHOTO】冨安健洋/アーセナル|(C)Getty Images
  • 【PHOTO】冨安健洋/アーセナル|(C)Getty Images
  • 【PHOTO】冨安健洋/アーセナル|(C)Getty Images
  • 【PHOTO】岡崎慎司/スペイン2部カルタヘナ|(C)Mutsu FOTOGRAFIA
  • 【PHOTO】岡崎慎司/スペイン2部カルタヘナ|(C)Mutsu FOTOGRAFIA
  • 【PHOTO】岡崎慎司/スペイン2部カルタヘナ|(C)Mutsu FOTOGRAFIA
  • 【PHOTO】岡崎慎司/スペイン2部カルタヘナ|(C)Mutsu FOTOGRAFIA
  • 【PHOTO】岡崎慎司/スペイン2部カルタヘナ|(C)Mutsu FOTOGRAFIA
  • 【PHOTO】クリスチアーノ・ロナウド/マンチェスター・ユナイテッド|(C)Getty Images
  • 【PHOTO】クリスチアーノ・ロナウド/マンチェスター・ユナイテッド|(C)Getty Images
  • 【PHOTO】クリスチアーノ・ロナウド/マンチェスター・ユナイテッド|(C)Getty Images
  • 【PHOTO】クリスチアーノ・ロナウド/マンチェスター・ユナイテッド|(C)Getty Images
  • 【PHOTO】クリスチアーノ・ロナウド/マンチェスター・ユナイテッド|(C)Getty Images
  • 【PHOTO】スポルティング・リスボン(2002-2003)|写真:Getty Images
  • 【PHOTO】マンチェスター・ユナイテッド(2003-2004)/デイビッド・ベッカムが着けていた7番を継承|写真:Getty Images
  • 【PHOTO】マンチェスター・ユナイテッド(2003-2004)|写真:Getty Images
  • 【PHOTO】マンチェスター・ユナイテッド(2004-2005)|写真:Getty Images
  • 【PHOTO】マンチェスター・ユナイテッド(2005-2006)|写真:Getty Images
  • 【PHOTO】クリスチアーノ・ロナウド/マンチェスター・ユナイテッド |(C)Getty Images
  • 【PHOTO】クリスチアーノ・ロナウド/マンチェスター・ユナイテッド |(C)Getty Images
  • 【PHOTO】クリスチアーノ・ロナウド/マンチェスター・ユナイテッド |(C)Getty Images
  • 【PHOTO】クリスチアーノ・ロナウド/マンチェスター・ユナイテッド |(C)Getty Images
  • 【PHOTO】クリスチアーノ・ロナウド/マンチェスター・ユナイテッド |(C)Getty Images
  • 【PHOTO】リオネル・メッシ/パリSG|(C)Getty Images
  • 【PHOTO】リオネル・メッシ/パリSG|(C)Getty Images
  • 【PHOTO】リオネル・メッシ/パリSG|(C)Getty Images
  • 【PHOTO】リオネル・メッシ/パリSG|(C)Getty Images
  • 【PHOTO】リオネル・メッシ/パリSG|(C)Getty Images
  • 【PHOTO】久保建英/マジョルカ|(C) Getty Images
  • 【PHOTO】久保建英/マジョルカ|(C) Getty Images
  • 【PHOTO】久保建英/マジョルカ|(C) Getty Images
  • 【PHOTO】久保建英/マジョルカ|(C)Mutsu FOTOGRAFIA
  • 【PHOTO】久保建英/マジョルカ|(C) Getty Images
  • 絶対王者バイエルンが、ユリアン・ナーゲルスマン監督のもとで始動。(C)Getty Images
  • 新ホームキットを身に着けたロベルト・レバンドフスキ。 サプライヤーはアディダス。(C)Getty Images
  • ドルトムントは黄色をベースに黒でアクセント。アーリング・ハーランド。(C)Getty Images
  • ビーレフェルトに完全移籍した奥川雅也。写真はホームキット。(C)Getty Images
  • 3季ぶりのドイツ復帰となった浅野拓磨。ボーフム所属。写真はアウェーキット。(C)Getty Images
  • 冨安健洋(日本代表DF)/ボローニャ→アーセナル|(C) Getty Images
  • 古橋亨梧(日本代表MF)/ヴィッセル神戸→セルティック|(C) Getty Images
  • 久保建英(日本代表MF)/R・マドリー→マジョルカ|(C) Getty Images
  • 田中 碧(日本代表MF)/川崎フロンターレ→デュッセルドルフ|(C) Getty Images
  • 浅野拓磨(日本代表FW)/無所属→ボーフム|(C) Getty Images

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

ページトップへ