メガクラブ Photo新着

  • 1986年受賞|イゴール・ベラノフ(ソ連/FW)|主な所属クラブ:ディナモ・キエフ、ボルシアMG|元ソ連代表FW。バロンドール受賞者の中で最も地味な選手と言われている。86年のメキシコW杯と欧州カップ戦以降、目立った活躍がなかったことが理由。 (C) Getty Images
  • 1987年受賞|ルート・フリット(オランダ/FW)|主な所属クラブ:フェイエノールト、ミラン|ドレッドロックヘアを振り乱しながら、華麗なテクニックと優れた身体能力でチャンスとゴールを量産した褐色のスーパースター。87年に約12億円という当時の世界最高額となる移籍金でミランへ移籍すると、後に長く続いていく黄金時代を支える。 (C) Getty Images
  • 1988、89、92年受賞|マルコ・ファン・バステン(オランダ/FW)|主な所属クラブ:アヤックス、ミラン|恵まれた身体能力、高い技術、そして鋭い得点嗅覚を活かし、あらゆるシチュエーションでゴールを量産した稀代のストライカー。アヤックスでは4年連続で得点王に輝くという離れ業を成し遂げたミラン黄金期の象徴的存在。 (C) Getty Images
  • 1990年受賞|ローター・マテウス(ドイツ/MF)|主な所属クラブ:ボルシアMG、バイエルン、インテル|中盤のあらゆる位置でプレーし、キャリアの晩年はリベロとして活躍。ドイツ代表(西ドイツ代表時代を含む)では20年間で150試合出場という金字塔を打ち立てた。もちろん同国の最多キャップ数で、W杯には82年大会から5回連続で出場した、まさに鉄人だ。 (C) Getty Images
  • 1991年受賞|ジャン=ピエール・パパン(フランス/FW)|主な所属クラブ:マルセイユ、ミラン、バイエルン|フランスサッカー史上最も優れたストライカーのひとりで、「高性能爆撃機」の異名を持つ。ボールを受けると迷うことなくシュートを放ち、マルセイユでは5年連続で得点王を獲得。 (C) Getty Images
  • 1956年受賞|スタンリー・マシューズ(イングランド/FW)|主な所属クラブ:ブラックプール、ストーク|イングランドサッカー界の名ウイングで、17歳から50歳まで第一線でプレー。愛称は「ドリブルの魔術師」。 (C) Getty Images
  • 1957、59年受賞|アルフレッド・ディ・ステファノ(アルゼンチン・スペイン/FW)|主な所属クラブ:レアル・マドリー|R・マドリーの黄金期をエースとして支えたアタッカー。愛称は「金髪の矢」。現役引退後の2000年から亡くなる2014年までR・マドリーの名誉会長を務めた。 (C) Getty Images
  • 1958年受賞|レイモン・コパ(フランス/MF)|主な所属クラブ:スタッド・ドゥ・ランス、レアル・マドリー|戦術眼に優れたフランスサッカー界のスター選手で、愛称は「ナポレオン」。1960年にはフランス年間最優秀選手賞を受賞。1967年に現役を引退した。 (C) Getty Images
  • 1960年受賞|ルイス・スアレス(スペイン/MF)|主な所属クラブ:バルセロナ、インテル|スペイン出身選手として初めてバロンドールを受賞した伝説のレジスタ。エレガントなボールタッチと神がかりな的なテクニックで観客を魅了した。  (C) Getty Images
  • 1961年受賞|オマール・シボリ(イタリア/FW)|主な所属クラブ:ユベントス、ナポリ |マラドーナ以前の左足の達人。1955年からリーベル・プレートの3年連続リーグ優勝に貢献。引退後はアルゼンチン代表監督も務めた。(C) Getty Images
  • ラ・リーガ セグンダ・ディビシオン第16節【サラゴサ0-1アルバセーテ】|(C)Mutsu KAWAMORI
  • ラ・リーガ セグンダ・ディビシオン第16節【サラゴサ0-1アルバセーテ】|(C)Mutsu KAWAMORI
  • ラ・リーガ セグンダ・ディビシオン第16節【サラゴサ0-1アルバセーテ】|(C)Mutsu KAWAMORI
  • ラ・リーガ セグンダ・ディビシオン第16節【サラゴサ0-1アルバセーテ】|(C)Mutsu KAWAMORI
  • ラ・リーガ セグンダ・ディビシオン第16節【サラゴサ0-1アルバセーテ】|(C)Mutsu KAWAMORI
  • ラ・リーガ2部第8節【ウエスカ1-0ジローナ】|(C)Mutsu KAWAMORI
  • ラ・リーガ2部第8節【ウエスカ1-0ジローナ】|(C)Mutsu KAWAMORI
  • ラ・リーガ2部第8節【ウエスカ1-0ジローナ】|(C)Mutsu KAWAMORI
  • ラ・リーガ2部第8節【ウエスカ1-0ジローナ】|(C)Mutsu KAWAMORI
  • ラ・リーガ2部第8節【ウエスカ1-0ジローナ】|(C)Mutsu KAWAMORI
  • 【アーセン・ヴェンゲルPHOTO】アーセナル退任後初来日!|写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)
  • 【アーセン・ヴェンゲルPHOTO】先日マネジメント契約を結んだ吉本興業の劇場で講演会が行われた|写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)
  • 【アーセン・ヴェンゲルPHOTO】写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)
  • 【アーセン・ヴェンゲルPHOTO】写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)
  • 【アーセン・ヴェンゲルPHOTO】写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)
  • ロベルト・レバンドフスキと妻アンナ・レバンドフスカ。(C)Getty Images
  • マヌエル・ノイアーと妻ニナ・ノイアー。(C)Getty Images
  • ダビド・アラバと恋人シャリマール・ヘプナー(C)Getty Images
  • スベン・ウルライヒと妻リサ・ウルライヒ。(C)Getty Images
  • フィリッペ・コウチーニョと妻アイネ・コウチーニョ(C)Getty Images
  • リオネル・メッシ(バルセロナ)と妻アントネラ・ロクソ。(C)Getty Images
  • マタイス・デリフト(ユベントス)と恋人アンネケー・モレナール。(C)Getty Images
  • マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)と妻ダニエラ・ヘレン(C)Getty Images
  • フレンキー・デヨング(バルセロナ)と恋人ミッキー・キーメニ-。(C)Getty Images
  • エデルソン(マンチェスター・C)と妻ライス・モラエス。(C)Getty Images
  • 久保建英(MF)|R・マドリー(スペイン)→マジョルカ(スペイン)|レンタル移籍|今夏にFC東京からスペインの名門レアル・マドリーの一員になった日本の至宝が、武者修行のため1年の期限付き移籍を決断。大久保嘉人、家長昭博に次ぐマジョルカ3人目の日本人選手となった18歳が、リーガ1部でどんなパフォーマンスを見せるのか。  写真はチームの公式ツイッターより。
  • 中島翔哉(MF)|アル・ドゥハイル(カタール)→ポルト(ポルトガル)|移籍金:1200万ユーロ(約15億円)|カタールでの半年間を経てポルトガル屈指の強豪へ完全移籍。果敢に仕掛けるドリブルが持ち味のアタッカーが、再びポルトガルの地で輝けるか。契約期間は5年、契約解除金はクラブ史上2位の8000万ユーロ(約100億円)との報道も。(C) FC PORTO
  • 安西幸輝(DF)|鹿島アントラーズ→ポルティモネンセ(ポルトガル)|移籍金:150万ユーロ(約1億8750万円)|両サイドバックをこなせて、一列前でも機能するマルチが鹿島から完全移籍。東京Vユース時代の先輩・中島に続いてポルティモネンセで一旗揚げられるか。 (C) PORTIMONENSE SAD
  • 冨安健洋(DF)|シント=トロイデン(ベルギー)→ボローニャ(イタリア)|移籍金:700万ユーロ(約8億7500万円)|森保ジャパンのレギュラーCBに成長した20歳がセリエAへ。かつて中田英寿も在籍したクラブで定位置争いに挑む。 Photo by Alberto LINGRIA
  • 柴崎岳(MF)|ヘタフェ(スペイン)→デポルティボ・ラ・コルーニャ(2部/スペイン)|移籍金:1部昇格時に支払|日本代表としてロシア・ワールドカップ、コパ・アメリカを戦った27歳は、16-17シーズンぶりに2部リーグに参戦。契約期間は4年、出場機会に恵まれなかった昨季の悔しさを払拭できるか。(C) RCDEPORTIVO
  • マンチェスター・ユナイテッド (C)Getty Images
  • マンチェスター・シティ (C)Getty Images
  • アーセナル (C)Getty Images
  • リバプール (C)Getty Images
  • チェルシー (C)Getty Images
  • アレクシス・サンチェス(FW)|マンチェスター・U→インテル|レンタル|※写真はクラブ公式ツイッターより
  • ロメル・ルカク(FW)|マンチェスター・U→インテル|移籍金:8000万ユーロ(約100億円)|契約は2024年までの5年契約。移籍金は、ボーナスほか含む8000万ユーロ(約100億円)と報じられている。これはクラブ史上最大額。「このクラブにしか来たくなかった。インテルは誰もが加わることのできるクラブではない。王者の座を取り戻すためにここに来た」と意気込みを述べている。※写真はクラブ公式ツイッターより
  • ハリー・マグワイア(DF)|レスター・シティ→マンチェスター・U|移籍金:8700万ユーロ(約109億円)|契約は2025年6月までの6年間で、移籍金はディフェンダー史上最高額の8000万ポンド(約104億円)。ユナイテッドは意中の存在だったマグワイア獲得を成就させ、最終ラインの安定感は増すはずだ。(C) Getty Images
  • フィリッぺ・コウチーニョ(MF)|バルセロナ→バイエルン|レンタル料:850万ユーロ(約10億6000万円)|契約は買い取りオプション付きの1年の期限付き移籍で、背番号はリバプール時代にも背負った10番になることが決まっている。※写真はクラブ公式ツイッターより
  • イバン・ペリシッチ(FW)|インテル→バイエルン|レンタル料:500万ユーロ(約6億2500万円)|コンテ・インテルで試されたWBや2トップの一角に馴染めず、退団を直訴。ザネ獲得が破談したバイエルンにレンタル移籍した。最も得意な左ウイングを担う。(C) Getty Images
  • (C)Getty Images
  • (C)Getty Images
  • (C)Getty Images
  • (C)Getty Images
  • (C)Getty Images
  • マタイス・デリフト(DF)|アヤックス→ユベントス|移籍金:8550万ユーロ(約107億円)|代理人ライオラへの手数料を含めた総額107億円は、
ファン・ダイクを超えるDFの史上最高額。バルサやパ
リSG、マンチェスター勢、リバプール、バイエルンな
どが名乗りを挙げた今夏最大の争奪戦を制したのはユベントスだった。すでにワールドクラスのCBと評価される19歳は、「偉大なるキエッリーニ、そしてイタリアのディフェンス哲学からたくさん学びたい」と貪欲だ。7月21日のトッテナム戦でさっそくデビューを飾った。(C) Getty Images
  • ダニ・セバジョス(MF)|R・マドリー→アーセナル|レンタル|今夏はスペインのU―21欧州選手権優勝に貢献した逸材MFが、1年レンタルでアーセナルに加入。ユーベに去ったラムジーの後釜として大きな期待を背負う。(C) Getty Images
  • ナビル・フェキル(FW)|リヨン→ベティス|移籍金:1975万ユーロ(約25億円)|ベティスが売却間近と伝えられるロ・チェルソの後釜に選んだのは、リヨンが生んだテクニシャン。才能の大きさから判断すれば、約25億円の移籍金は格安だ。(C) Getty Images
  • セバスティアン・アレ(FW)|フランクフルト→ウェストハム|移籍金:4000万ユーロ(約50億円)|アルナウトビッチを上海上港に売却して
迎えた待望の「9番」だ。ボーナスを含めた約63億円の移籍金はウェストハムのクラブレコード。期待の大きさが窺える。(C) Getty Images
  • マリオ・エルモソ(DF)|エスパニョール→A・マドリー|移籍金:2500万ユーロ(約31億円)|スペイン代表にも定着した感のある実力
派CBが、約31億円でアトレティコへ。「オファーを受けた瞬間から迷いはなかった」と語る24歳のさらなる成長に期待。(C)REUTERS/AFLO
  • 【デ・ブルイネPHOTO】写真:サッカーダイジェスト
  • 【デ・ブルイネPHOTO】写真:田中研治
  • 【デ・ブルイネPHOTO】写真:田中研治
  • 【デ・ブルイネPHOTO】写真:田中研治
  • 【デ・ブルイネPHOTO】写真:田中研治
  • 【横浜FM 1-3 マンチェスターシティ PHOTO】デブライネが先制ゴール|写真:サッカーダイジェスト
  • 【横浜FM 1-3 マンチェスターシティ PHOTO】マンチェスターシティのスターティングイレブン|写真:田中研治
  • 【横浜FM 1-3 マンチェスターシティ PHOTO】ダヴィド・シルバ|写真:田中研治
  • 【横浜FM 1-3 マンチェスターシティ PHOTO】マルコス・ジュニオール|写真:田中研治
  • 【横浜FM 1-3 マンチェスターシティ PHOTO】グアルディオラ監督|写真:田中研治
  • 【元バルセロナPHOTO】写真:山崎 賢人(サッカーダイジェスト写真部)
  • 【元バルセロナPHOTO】写真:山崎 賢人(サッカーダイジェスト写真部)
  • 【元バルセロナPHOTO】写真:山崎 賢人(サッカーダイジェスト写真部)
  • 【元バルセロナPHOTO】写真:山崎 賢人(サッカーダイジェスト写真部)
  • 【元バルセロナPHOTO】写真:山崎 賢人(サッカーダイジェスト写真部)

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

ページトップへ