中村憲剛がJFAグロース・ストラテジストに就任。現行の登録制度に感じる課題と危機感とは?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月15日

「環境自体は僕の時と比べて段違い」

先日はU-17日本代表のロールモデルコーチにも就任していた中村氏は、登録制度改革にも助言する。※写真は会見中のスクリーンショット

画像を見る

 日本サッカー協会(JFA)は4月15日、オンライン上でメディアブリーフィングを開き、登録制度改革本部の「JFA Growth Strategist(JFAグロース・ストラテジスト)」に、同日付で中村憲剛氏が就任することを発表した。

 現在の登録制度は、JFA主催の競技会に参加する現役選手や指導者、審判、一部の運営役員が年度ごとに登録するもので、それらの人々から登録料を徴収し、これまでの日本のサッカーのあらゆる活動を支える基盤となっていた。

 今年100周年を迎えるJFAは、「変えるべきところは変える」という理念のもと、この登録制度改革にも着手する。

 JFAの須原清貴専務理事によると、「現在の登録制度自体は大きく変えず維持しながらも、今までの登録制度とは違うものを追加していきたいと思っている」とそのイメージを明かした。

 想定されるのは選手、審判員、指導者のみならず、サッカーに関わる人々「全ての人にとって有益となるコミュニティを作る」ことだという。
 
 同日に最初のミーティングを終えた中村憲剛氏は、実体験に基づいた意見を展開した。

「僕自身が小学校1年生からサッカーを始めて、その時に登録していたのですが、引退するまで同じ登録番号だった。登録番号があるということも、協会に登録していると知ったのも、僕が初めて認識したのは高校生の時でした。協会に登録しているんだという理解、関わっているんだという認識をどれだけ強められるか」を登録制度の課題として挙げた。

 さらに、自身もサッカーをやっているふたりの子どもを持つ父親として感じているのは、「情報も溢れてきていて、子どもたちも指導者も親御さんも、情報は手に入る時代になってきていて、環境自体は僕の時と比べて段違い。その分、サッカーが上手い子や強い子たちしか残れない時代になっている」と危機感も明かす。

 そのほかにも多くの変革が望まれる登録制度。

 川崎フロンターレでは地域密着を体現し、多くの実体験を積んできた中村氏は、「力になれることがあればと思い切って参加させて頂く事になりました。思った通りの大役だが、何かしら力になれる確信もある。『やらないよりやってみる、言わないより言ってみる』の精神で、日本サッカーを盛り上げるために頑張っていきたい」と意欲を燃やした。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「監督やるんですか?」内田篤人の問いに、中村憲剛は「選択肢のひとつ」。ともにB級ライセンス取得目指す
【川崎】中村憲剛から送られたふたつのメッセージ。脇坂泰斗が目指す“背中で見せられる選手”
【川崎】登里享平が引き継ぐ“バンディエラの意志”。クラブの伝統の担い手に
内田篤人が『JFAユニクロサッカーキッズ』キャプテンに就任!「子どもたちにチームプレーの楽しさを伝えていきたい」
「僕は嫌ですけど、森保さんは…」本田圭佑が語った東京五輪出場への道筋。アルゼンチン戦を見てボランチは断念?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月5日発売
    2021-2022シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    ビッグクラブ選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ