神戸が古橋の技あり弾で1-0勝利!G大阪は新戦力を次々投入するも1点が遠く…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年02月27日

両チームのGKがファインセーブを連発

古橋(右)のゴールで神戸が“阪神ダービー”を制して開幕戦白星発進。写真:徳原隆元

画像を見る

 J1リーグは2月27日、各地で第1節の8試合を開催。ノエビアスタジアム神戸で行なわれた、ヴィッセル神戸とガンバ大阪の一戦は、1-0でホームの前者が勝利を収めた。

 キャプテンのアンドレス・イニエスタが負傷離脱中の神戸は、新加入のMF井上潮音を先発起用。4-4-2のシステムを採用し、GKに前川黛也、DFは左から酒井高徳、トーマス・フェルマーレン、菊池流帆、山川哲史。MFは井上を左に、山口蛍とセルジ・サンペールのダブルボランチ、右に古橋亨梧が入り、FWは郷家友太と藤本憲明2トップとなった。

 一方のG大阪は、先週の富士ゼロックス・スーパーカップから2選手を入れ替えた。菅沼駿哉、倉田秋が外れ、昌子源、宇佐美貴史が入る。

 試合は拮抗した展開で推移する。

 神戸は12分に井上が相手陣内でこぼれ球を拾いドリブルで前進。ゴールライン際からシュートを狙うが、GK東口順昭に防がれる。

 対するG大阪も41分に宇佐美が強烈な左足のシュートを放ち、続けて左CKから井手口がボレーでゴールを狙うが、GK前川黛也がファインセーブで。さらにアディショナルタイムにはオフサイド判定となるが、パトリックの落としたボールを矢島慎也が強烈なボレーを見舞うものの、GK前川がビッグセーブでチームを救う。
 
 前半終了間際に猛攻を受けた神戸の三浦淳寛監督は後半立ち上がりに先手を打ち、藤本に代えドウグラスを投入。しかし、46分、48分と続けてG大阪に攻め込まれるが、ドウグラスのポストプレーや古橋のスプリントで反撃し、ややオープンな展開になる。

 すると、チャンスを作り始めた神戸がFWにポジションを変更した古橋を中心にG大阪ゴールに迫る。古橋は72分のシュートはクロスバーに嫌われ、74分の突破からの折り返しは昌子に対応されるが、79分待望の先制点を決める。

 センターサークル付近からの山口蛍のロングフィードに反応した古橋は、GKの位置を確認し、左足でループショットを選択。これが名手・東口も触れない絶妙な弧を描きネットを揺らす。神戸が先制する。

 その後もG大阪を攻め立てた神戸がリードを保ち、1-0で試合終了を迎えた。

 次戦、神戸は3月2日にルヴァンカップの大分戦、同6日に第2節・徳島戦をそれぞれアウェーで行なう。ACLに参加し、ルヴァンカップのグループステージが免除されているG大阪は、3月3日に第11節の名古屋戦、同6日に第2節・鹿島戦が予定されている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ