「勝って完結させたい」川崎・中村憲剛が現役生活最終章へ決意。元日決戦に向けては「天皇杯はみんなの悲願」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月27日

「思いっきり個人的な感情を入れるならば…」

天皇杯準決勝に途中出場した中村。決勝は国立で行なわれるため、等々力ラストマッチとなった。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[天皇杯・準決勝]川崎2-0秋田/12月27日/等々力陸上競技場

 12月27日、天皇杯準決勝でJ1王者・川崎フロンターレは、J3王者・ブラウブリッツ秋田と対戦し、2-0で勝利。元日の決勝戦へコマを進めた。今季限りでの現役引退を表明している元日本代表の中村憲剛は途中出場し、“等々力ラストマッチ”に自ら花を添えた。

 田中碧の鮮やかなFKで1点を加えた直後だった。86分に背番号14が満を持してピッチへ。場内は大きな拍手に包まれた。この数分間で特別何か大きなプレーを残したわけではなかったが、中村は11人のうちの1人として追いすがる相手を制し、きっちりとゲームを締めてみせた。

 試合後、中村は大勢のサポーターの前でインタビューを受けると、「いまだに実感が湧かない」と一言。そのうえで「全部焼き付けておこうと思って、自分の目に。選手としてここに来ることはもうないので。だけどやっぱいつも通りだから、いつも通りの感じで試合に臨んだ。自分の個人的な感情というのは入れてはいけないゲームだと思っていたので。ただ思いっきり個人的な感情を入れるならば、もっと早く出たかった笑」とお茶目な一面も覗かせながら、率直な想いを明かした。
 
 そして、4年前は鹿島アントラーズに決勝で敗れるなど、いまだ掴んだことのない天皇杯のタイトル獲得に向けては、「本当元旦に新しい国立でみなさんと戦えることを嬉しく思う。天皇杯はクラブ、サポーターみんなの悲願。だけどあまり重く考えすぎずに自然体で自分たちらしいプレーを出来れば必ず勝ちが転がってくると思うので、みんなでまたいい準備をして臨みたい」と決意を誓った。

 本人も「勝って完結させたい」と、力強く意気込む現役生活最終章。川崎18年目、正真正銘のラストマッチを有終の美で飾ることができるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
【川崎】中村憲剛に捧ぐ楽曲。スキマスイッチ・常田真太郎×SHISHAMO制作の「天才の種」の配信がスタート!
「スペイン人の中では普通」内田篤人氏がラ・リーガで日本人が苦戦する理由に独自見解!「あの家長さんが…」
7か月後の東京五輪メンバー18人を大予想! 攻撃的MFは久保、堂安、三笘が当確か。残る一枠には…
「別人のスズキがいた」1G1Aと躍動したSTVV鈴木優磨の“覚醒”をベルギーのレジェンドMFが称賛!「これまではクオリティを犠牲に…」
「ありえないトリックだ」オランダ代表DFを翻弄した冨安健洋の華麗なテクニックに欧州驚愕! 60万回再生超えの大反響

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ