【横浜FC】システム、戦術もベールに包まれたまま 新指揮官のスタイルは?

カテゴリ:Jリーグ

二本木昭

2015年02月05日

4-3-2-1が好みと明かすもゲームでは複数のシステムを流動的に採用。

ここまで明確なサッカースタイルが見えてこない横浜FC。2次キャンプ後の仕上がりが気になるところだ。(C)YOKOHAMA FC

画像を見る

 今季はどんな戦い方を見せるのか、現状ではほとんど分からないというのが正直なところだ。まずフォーメーションだが、ルス新監督は「4-3-2-1」を好むと明らかにすると同時に、そのシステムに固執することなく選手たちの適性を見て柔軟に対処するとも述べている。
 
 実際、トレーニングや練習試合で「4-4-2」を採用することもあり、「4-3-2-1」にしても、中盤の3人の配置が、「アンカー1枚にインサイドハーフ2枚」になったり、「ダブルボランチ+トップ下」になったりと流動的だ。
 
 ポゼッション志向なのか、リトリートするのか、高い位置からのプレスによるショートカウンター狙いなのか、志向するスタイルもこれだと言えるものが見えない。1月19日~26日のタイ・キャンプでは2試合のプレシーズンマッチを戦ったが「相手がJ2のクラブとは異質の戦い方をするタイのクラブだったので、戦術云々という試合にならず、戦術面の話はしにくい」(渡辺匠)という。
 
 2月9日~18日の宮崎・日南キャンプでは、C大阪、甲府、長崎とのトレーニングマッチが組まれている。今季の横浜FCのサッカーが明確に見えてくるのは、この2次キャンプが終わる頃だろう。

取材・文●二本木昭
写真協力●横浜FC

J1・J2のトレーニングマッチ日程をチェック!
【関連記事】
【横浜FC】ミロシュ・ルス新体制が始動
【群馬】計12人が新天地での活躍を誓う
【Jリーグ新体制】いよいよ新シーズンの陣容が明らかに!
【J1・J2プレシーズン情報】全チームのキャンプ、開幕戦日程を総まとめ
Jリーグマスコット総選挙の投票が始まる!!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ