【中村俊輔/この一枚】亡き友に捧げるゴール。万感の思いをこめて――

カテゴリ:連載・コラム

徳原隆元

2020年05月30日

時間と感情を共有する仲間は信頼で結ばれ、その絆は固い

松田直樹さんの命日だった仙台戦で、俊輔は自慢の左足でゴールをゲット。様々な思いがその胸に去来したはずだ。写真:徳原隆元

画像を見る

 中村俊輔に抱くイメージは“静”だ。ピッチレベルで見る中村は、激しく感情を露わにしてプレーするというより、闘志を内に秘めて戦っているように映る。ただ、内包している闘志はあくまでも強く熱い。中村が見せるサッカーには何より気骨がある。

 ボールタッチは繊細で、繰り出すパスは高い精度を誇り、巧みなステップと抜群のキープ力で敵を翻弄する。攻撃的MFとしてのあらゆる能力に長け、チームの勝利を演出。日本プロサッカーの歴史にその名を刻む希代の選手だ。彼の代名詞である正確無比なFKは数々のドラマを生み出してきた。人々は中村のプレーに、サッカーの芸術性を見る。

 そんな中村が築き上げてきたゴールの中で心に残っているシーンがある。それは2012年8月4日、ベガルタ仙台対横浜F・マリノス戦で挙げたゴールだ。理由は、“静”のイメージがある中村が、得点後にふたつの異なる表情を見せたからだ。

 リードを許していた横浜は、65分の中村のゴールで同点に追いつく。得点を決めた中村は自陣ベンチのほうへ駆け寄りながら、右腕に巻いていた喪章を外すと、空へと掲げた。ファインダーに捉えた中村の表情はゴールの歓喜というより、どこか寂し気にも見えた。

 視線の先に見ていたのは、かつてピッチで熱くファイトした男だった。

 この日は、横浜や代表でともに戦った松田直樹さんの命日だった。チームを構成する選手たちは多くの時間を共有する。共有するのは時間だけではない。勝利の喜びを分かち合い、思うような結果が出なかった時の悔しさをともに噛み締める。時間と感情を共有する仲間は信頼で結ばれ、その絆は固い。

 中村は苦楽をともにした元チームメイトへ万感の思いを込めて、巻いていた喪章を空に掲げたのだ。松田さんに捧げるゴールとなった。

 しかし、寂し気と思えた表情を見せた中村だが、決して悲しいわけではなかったはずだ。思いが松田さんに届いたことを感じ取ったのか、中村はすぐに“動”の満面の笑顔を作ったのだった。

取材・文・写真●徳原隆元

【PHOTO】「伝説のFK弾」も!中村俊輔のキャリアを厳選フォトで振り返る 1997~2020
 

寂しげな表情を浮かべた後に、笑顔を浮かべる。天国にいる松田にその思いが届いたと感じ取ったのだろう。写真:徳原隆元

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ