原口元気がPK獲得&ゴールで勝利に貢献! ハノーファーが1試合遅れてのブンデス再開試合を白星で飾る

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年05月23日

先制されながらも追いつき、逆転に成功

勝利に貢献した原口。 (C)Getty Images

画像を見る

 現地時間5月23日、ブンデスリーガ2部の第27節が行なわれた。

 原口元気が所属するハノーファーは、リーグ再開試合となる前節が対戦相手の新型コロナウイルス感染判明によって延期されており、実質再開マッチとなった。

 オスナブリュックとのアウェー戦で、原口は4-4-2の2列目左サイドハーフで先発。試合の途中からはボランチの位置まで下がるなど、マルチな働きでチームに貢献した。

 試合は6分に先制されるも、11分にはオウンゴールで1-1に。後半開始早々の47分にはさらに1点を許し、1-2と追いかける展開となる。
 
 だが、75分に原口がエリア内で倒され、PKを獲得。マービン・ドゥクシュがこれを冷静に決めて2-2とすると、80分にはマービン・ドゥクシュ、85分にはボランチの位置から仕掛けた原口がグラウンダーのシュートを叩き込み、試合を決める4点目をゲットした。

 そのままハノーファーのペースで試合は終了。勝点3を獲得し、暫定9位に浮上した。原口はチームの同点弾となったPK獲得と、今季5点目のゴールで勝利に貢献している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
香川、内田、高原、長谷部…ブンデス1部でプレーした日本人選手の「リアル評」は? ドイツ人記者に訊く【現地発】
ブンデスリーガでさえも低下していた「ファンの存在意義」。“無観客”で明らかになったのは…【欧州発】
「マコトは僕らのレジェンド!」「いずれは監督に」長谷部誠の契約延長に、現地サポーターが歓喜!
世界が注目したブンデス再開、浮き彫りになったメリットと問題点。求められるのは「指先の感覚」だ【現地発】
36歳・長谷部誠がフランクフルトとの契約延長を発表!「一瞬一瞬を噛み締めながら…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    2022年秋最大の衝撃!!
    ハーランド&
    レバンドフスキ
    完全攻略本
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ